到達運動

提供: 脳科学辞典
2019年4月17日 (水) 12:28時点におけるAkiramurata (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「英語名:reaching movement, arm reaching {{box|text=  到達運動は、目標に向かって腕を伸ばし、手先を目標の位置に動かす運動である…」)

(差分) ← 古い版 | 承認済み版 (差分) | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

英語名:reaching movement, arm reaching

 到達運動は、目標に向かって腕を伸ばし、手先を目標の位置に動かす運動である。この運動を実現するためには、運動の意図、目標の定位、効果器の選択、手先の位置から目標に向かう軌道の計画、空間座標から関節・筋座標への変換、運動指令の生成、誤差の修正、学習・適応などの過程が必要となる。脳内では、頭頂連合野や前頭葉の運動領野、小脳、大脳基底核などがこれらの過程に関わっていると考えられている