大脳辺縁系

提供: 脳科学辞典
2016年10月8日 (土) 15:28時点におけるYoshimasakoyama (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「大脳辺縁系 1. 構成 2. 線維連絡 3. 機能 4. 大脳辺縁系の疾患 5. 関連項目 6. 参考文献 大脳辺縁系は、進化的に古い構造で、魚...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

大脳辺縁系

1. 構成 2. 線維連絡 3. 機能 4. 大脳辺縁系の疾患 5. 関連項目 6. 参考文献


大脳辺縁系は、進化的に古い構造で、魚類、両生類でも存在しているが、下等な動物ほど、その占める割合は大きい。動物が高等になり、新皮質が発達するほど、脳における大脳辺縁系の占める割合は小さくなり、脳の底部や内部に押し込められるようになる。

大脳辺縁系は、大脳皮質の内側壁をなす辺縁葉とその皮質下領域から構成される。本能行動、情動、自律神経活動の調節や記憶の形成といった、生物の個体維持、種族保存のために重要な役割を果たす。進化的に古い構造で、魚類、両生類でも存在しており、下等な動物ほど、その占める割合は大きい。動物が高等になり、新皮質が発達するほど、脳における大脳辺縁系の占める割合は小さくなり、脳の底部や内部に押し込められるようになる。