トーク:覚醒剤

提供: 脳科学辞典
トーク:覚せい剤から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

 編集 林 作業記録

  • 関連項目が充分か著者に御確認下さい。
  • Chembox挿入
  • 内部リンク、外部リンク作成

--Yasunori Hayashi 2012年7月12日 (木) 06:59 (JST)

編集担当 加藤

  • 精神刺激薬という用語との使い分けについての記載を加えてはどうかと思い、加筆してみました。ご確認下さい。
  • 標的分作用メカニズム」は「標的分子と作用メカニズム」でよろしいでしょうか。
  • 「DATヘテロ欠損マウスおよびVMAT2ヘテロ欠損マウスでは、メタンフェタミン急性投与後の運動増加が野生型マウスより少ないが、DATおよびVMAT2両方の発現が低下したマウスではメタンフェタミン急性投与による運動量増加はDATヘテロ欠損マウスとほぼ等しかったことから、メタンフェタミン投与による急性運動量増加効果にはVMAT2よりもDATの発現変化が大きな影響力を持っている可能性が報告されている[8]。」

 となっています。この次の段落は、逆耐性現象のことなので、発現変化でよいように思ったのですが、ここは急性効果なので、「VMAT2よりもDATの阻害作用が大きな影響力を持っている」ということではないでしょうか? 引用されているのが先生方の論文ですので、僭越ではありますが、ご確認いただければ幸いです。

  • 「ラットにおけるメタンフェタミンの自己投与実験により、メタンフェタミンを自己投与できる時間が長いと、その後メタンフェタミンの摂取を中止しても新しい物体の認知が低下していることが示されている[13]。」

についてですが、 「ラットにおけるメタンフェタミンの自己投与実験により、メタンフェタミンを自己投与できる時間が長いほど、メタンフェタミンの摂取中止後の新規物体認識試験の成績が低下していることが示されている[13]。」 という感じに修文した方がわかりやすいように思いましたが、内容的にはどうでしょうか? (まだ訂正は加えていません)

--Tkato 2012年7月22日 (日) 20:45 (JST)

  • 「ラットにおけるメタンフェタミンの自己投与実験により、メタンフェタミンを自己投与できる時間が長いほど、メタンフェタミンの摂取中止後の新規物体認識試験の成績が低下していることが示されている[13]。」

 に改訂しました。

  • 3点目については、この部分の論点が、「メタンフェタミンのDAT阻害作用」と考えたのは私の誤解であり、ノックアウトマウスのhaploinsufficiencyについて述べているということを理解しましたので、発現低下、発現変化を「ヘテロ欠損」に改訂しました。

--Tkato 2012年7月23日 (月) 15:39 (JST) 

  • 最後のみ、「ヘテロ欠損」を「発現量の違い」に改訂しました。

--Tkato 2012年7月23日 (月) 23:52 (JST)


編集 林 作業記録

  • 図2を500ピクセルに拡大
  • 図1はChemboxの中に構造式が有るので省略
  • 一般公開

--Yasunori Hayashi 2012年7月24日 (火) 00:46 (JST)