差分

移動先: 案内検索

Signal Transducers and Activator of Transcription 3

サイズ変更なし, 2012年9月13日 (木) 20:28
編集の要約なし
== 神経系での働き④:脊髄損傷時の反応性アストロサイト分化誘導 ==
 脊髄に損傷が起こると炎症反応が発生し、傷周辺の細胞はIL-6ファミリーなどのサイトカインを多量に分泌する。これによりJAK/STAT3経路が活性化し、損傷部で反応性アストロサイトの分化を促進する。反応性アストロサイトは集合し、グリア瘢痕を形成、損傷部の物理的な防壁となる役割を持つが、同時に損傷部に対するニューロンの分化促進を阻害し、神経回路の再形成を妨げるため、神経再生もできなくなる<ref name="ref6ref7"><pubmed> 15048924 </pubmed></ref>。
<br>
170
回編集

案内メニュー