差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
142行目: 142行目:  
===中脳===
 
===中脳===
   −
 脚橋被蓋核と背外側被蓋核(編集コメント:上に出てくるの外背側被蓋核とは違う構造でしょうか?)コリン作動性神経は上行性と下降性の2種類の投射経路をもつ。視床へ投射する上行性投射系は、[[網様体賦活系]]の一部として[[睡眠]]サイクルや[[覚醒]]レベルの調節に関与する。脳幹網様体へ投射する下降性投射系は[[歩行運動]]、[[姿勢反射]]、[[筋緊張]の調節などに関与する。また、脚橋被蓋核のコリン作動性神経は視床のほか大脳基底核にも投射する。特に、黒質緻密部のドーパミン神経細胞に投射して、ドーパミンの放出を促進する。パーキンソン病患者では、この部位のコリン作動性神経が減少することでドーパミン放出が減弱していることも病状の一因になると考えられている。
+
 脚橋被蓋核と背外側被蓋核(編集コメント:上に出てくる外背側被蓋核とは違う構造でしょうか?)コリン作動性神経は上行性と下降性の2種類の投射経路をもつ。視床へ投射する上行性投射系は、[[網様体賦活系]]の一部として[[睡眠]]サイクルや[[覚醒]]レベルの調節に関与する。脳幹網様体へ投射する下降性投射系は[[歩行運動]]、[[姿勢反射]]、[[筋緊張]の調節などに関与する。また、脚橋被蓋核のコリン作動性神経は視床のほか大脳基底核にも投射する。特に、黒質緻密部のドーパミン神経細胞に投射して、ドーパミンの放出を促進する。パーキンソン病患者では、この部位のコリン作動性神経が減少することでドーパミン放出が減弱していることも病状の一因になると考えられている。
    
== 非神経性アセチルコリン ==
 
== 非神経性アセチルコリン ==

案内メニュー