差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
27行目: 27行目:  
 ホメオボックス遺伝子は生物に普遍的に存在し、ゲノム中に特徴的なクラスターを形成しているHox遺伝子群と、Hox以外のゲノム中に散在するnon-Hox遺伝子に大別される。
 
 ホメオボックス遺伝子は生物に普遍的に存在し、ゲノム中に特徴的なクラスターを形成しているHox遺伝子群と、Hox以外のゲノム中に散在するnon-Hox遺伝子に大別される。
   −
 哺乳類では、Hox geneは異なった染色体上に4個のクラスターを形成しており、発生過程ではこの順番に対応して[[前後軸]]に沿って発現し、その位置に特徴的な[[体節]]構造を誘導する。ホメオボックス遺伝子の変異により、多細胞生物体の一部の器官が本来の形をとらず他の相同な器官に転換する変化が起こることがあり、これをホメオティック突然変異と呼ぶ。ホメオティック突然変異の例として、1980年代に発見されたショウジョウバエの「[[Antennapedia]]([[アンテナペディア]])変異体」が有名である。脚を形成する遺伝子群の転写を活性化する蛋白質(転写因子)をコードするAntennapedia遺伝子の突然変異により、ショウジョウバエの触覚の代わりに、脚が生えてしまう。これに関連する研究「初期胚発生の遺伝子コントロールに関する研究」にて、1995年、 [[wikipedia:ja:クリスティアーネ・ニュスライン=フォルハルト|クリスチャーネ・ニュスライン=フォルハルト]](Christiane Nüsslein-Volhard)、 [[wikipedia:ja:エドワード・B・ルイス|エドワード・ルイス]](Edward B. Lewis)、 [[wikipedia:ja:エリック・ヴィーシャウス|エリック・ヴィーシャウス]](Eric Wieschaus)の3人が [[wikipedia:ja:ノーベル生理学・医学賞|ノーベル生理学・医学賞]]を受賞した。
+
 哺乳類では、Hox geneは異なった染色体上に4個のクラスターを形成しており、発生過程ではこの順番に対応して[[前後軸]]に沿って発現し、その位置に特徴的な[[体節]]構造を誘導する(この辺り、図があればと思います)。ホメオボックス遺伝子の変異により、多細胞生物体の一部の器官が本来の形をとらず他の相同な器官に転換する変化が起こることがあり、これをホメオティック突然変異と呼ぶ。ホメオティック突然変異の例として、1980年代に発見されたショウジョウバエの「[[Antennapedia]]([[アンテナペディア]])変異体」が有名である。脚を形成する遺伝子群の転写を活性化する蛋白質(転写因子)をコードするAntennapedia遺伝子の突然変異により、ショウジョウバエの触覚の代わりに、脚が生えてしまう。これに関連する研究「初期胚発生の遺伝子コントロールに関する研究」にて、1995年、 [[wikipedia:ja:クリスティアーネ・ニュスライン=フォルハルト|クリスチャーネ・ニュスライン=フォルハルト]](Christiane Nüsslein-Volhard)、 [[wikipedia:ja:エドワード・B・ルイス|エドワード・ルイス]](Edward B. Lewis)、 [[wikipedia:ja:エリック・ヴィーシャウス|エリック・ヴィーシャウス]](Eric Wieschaus)の3人が [[wikipedia:ja:ノーベル生理学・医学賞|ノーベル生理学・医学賞]]を受賞した。
    
==機能==
 
==機能==

案内メニュー