差分

移動先: 案内検索

エンハンサー

214 バイト除去, 2013年3月17日 (日) 18:52
編集の要約なし
=== ''Mbh1''のエンハンサー ===
 哺乳類には、千種類以上の様々な個性を持つ神経細胞が存在する。プロニューラル因子と呼ばれる転写制御因子は、神経細胞の分化を開始させるスイッチとして働く<ref><pubmed>17898002</pubmed></ref>。プロニューラル因子が直接に制御する遺伝子は長らく不明であったが、''Mbh1''(''Mammalian Bar-class homeobox 1'')がプロニューラル因子の''Atoh1''(''Math1'', ''Mammalian atonal homolog 1'')によって直接に活性化されることが見出された<ref name="ref29"><pubmed>15788459</pubmed></ref>。''Mbh1''は胎生期の脊髄交連神経細胞で発現し、強制発現させると脊髄背側の細胞を交連神経細胞へ運命転換させる<ref><pubmed>12657654</pubmed></ref>。''Mbh1''のエンハンサーは翻訳領域の3’側に存在し、その活性にはEのエンハンサーは翻訳領域の3’側に存在し、その活性にはAtoh1タンパク質が結合するE-box(CAGCTG)が必須である。このE-boxにAtoh1タンパク質が結合し、転写を活性化するboxと呼ばれるDNA配列が必須である<ref name="ref29" />。<br>
=== 終脳で機能するエンハンサー ===
 マウス胎児の終脳で発現する様々な遺伝子のエンハンサーが網羅的に調べられた マウス胎児の終脳で発現する様々な遺伝子のエンハンサーが網羅的に調べられている<ref><pubmed>23375746</pubmed></ref>。p300の結合を指標にしたCHIP-Seq法によって、4600箇所以上のDNA領域がエンハンサーの候補として挙げられた。そのうち、329のエンハンサーがトランスジェニックマウスを用いて調べられ、再現性のある145のエンハンサーの活性が、レポーター遺伝子の発現として公表された。Seq法により、4600箇所以上のDNA領域がエンハンサーの候補となり、145のエンハンサーが同定された。<br>
== 関連項目 ==
229
回編集

案内メニュー