差分

移動先: 案内検索

頭頂連合野

9 バイト追加, 2013年6月14日 (金) 09:47
編集の要約なし
[[image:頭頂連合野.jpg|thumb|350px|'''図''']]
 頭頂連合野は[[中心溝]]後部に位置する[[一次体性感覚野]]を除いたその後方の[[頭頂葉]]領域をさす。ヒトでは中心溝とほぼ並行に走る[[中心後溝]]の後方領域に相当する。頭頂連合野は更にの後方領域に相当する(図)。頭頂連合野は更に[[頭頂間溝]]により上下に2分され、上方を[[上頭頂小葉]]Superior parietal lobule、下方を[[下頭頂小葉]]Inferior parietal lobuleという。[[wikipedia:ja:ヒト|ヒト]]では上頭頂小葉は[[ブロードマンの脳地図]]の[[5野]]と[[7野]]、下頭頂小葉は[[39野]]([[角回]])と[[40野]]([[縁上回]])から構成される。一方、[[wikipedia:ja:マカクサル|マカクサル]]のブロードマンの脳地図では、上頭頂小葉が5野、下頭頂小葉が7野とされており、ヒトとの不整合があるので注意を要する。
 頭頂連合野は様々な機能を持った多くの領域から構成されている<ref name=ref1><pubmed>11058227</pubmed></ref>。これらの領域では、主に中心後回体性感覚野からの[[体性感覚]]情報、または[[後頭葉]]からの[[視覚]]情報などがそれぞれ統合される[[高次感覚野領域]]、更に[[側頭葉]]からの[[聴覚]]情報含め複数の感覚種情報が統合される[[多感覚領域]]がある。視覚情報に関しては、一次視覚野から始まる大脳皮質視覚情報処理における[[腹側経路]]と[[背側経路]]のうち、背側経路は頭頂連合野に至り終止する。これらの領域では対象の[[空間知覚]]、[[運動知覚]]に関わる情報処理が行われている。また、体性感覚情報の統合による自己身体情報をもとに、自己の空間・運動知覚や対象物と自己との相互関係などの情報処理が行われると考えられている。また、[[運動前野]]と結びついた運動の発現や調節などの機能<ref name=ref2><pubmed>16271458</pubmed></ref>、および前頭前野機能と結びついた注意の制御<ref name=ref3><pubmed>10700262</pubmed></ref>など高次脳機能に関わる領域でもある。ヒトでは、左半球の言語野など機能的な左右差が存在する。
4
回編集

案内メニュー