差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
1行目: 1行目:  +
<div align="right"> 
 +
<font size="+1">[http://researchmap.jp/read0127493/?lang=japanese 三澤 日出巳]</font><br>
 +
''慶應義塾大学 薬学部''<br>
 +
DOI [[XXXX]]/XXXX 原稿受付日:201年月日 原稿完成日:2013年7月xx日<br>
 +
担当編集委員:[http://researchmap.jp/2rikenbsi 林 康紀](独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター)
 +
</div>
 +
 
{{Ionbox
 
{{Ionbox
 
| Verifiedfields = changed
 
| Verifiedfields = changed
54行目: 61行目:  
英語名:Acetylcholine 英語略名:ACh  
 
英語名:Acetylcholine 英語略名:ACh  
    +
{{box|text=
 
 アセチルコリンは最も早く同定された[[神経伝達物質]]である。[[末梢神経系]]では、[[運動神経]]の[[神経筋接合部]]、[[交感神経]]および[[副交感神経]]の[[節前線維]]の終末、副交感神経の[[節後線維]]の終末などの[[シナプス]]で伝達物質として働く。[[中枢神経系]]の一部にもアセチルコリンを伝達物質とする神経が存在する。また、神経系以外でも化学伝達物質として幅広い作用を発揮する。  
 
 アセチルコリンは最も早く同定された[[神経伝達物質]]である。[[末梢神経系]]では、[[運動神経]]の[[神経筋接合部]]、[[交感神経]]および[[副交感神経]]の[[節前線維]]の終末、副交感神経の[[節後線維]]の終末などの[[シナプス]]で伝達物質として働く。[[中枢神経系]]の一部にもアセチルコリンを伝達物質とする神経が存在する。また、神経系以外でも化学伝達物質として幅広い作用を発揮する。  
 +
}}
    
== 発見 ==
 
== 発見 ==
154行目: 163行目:  
== 参考文献 ==
 
== 参考文献 ==
 
<references />
 
<references />
  −
(執筆者:三澤日出巳 編集担当委員:尾藤晴彦)
 

案内メニュー