差分

移動先: 案内検索

三項関係

104 バイト追加, 2013年8月6日 (火) 09:11
編集の要約なし
<div align="right">
<font size="+1">浅田 晃佑 1)、板倉 昭二 2)晃佑</font><br>''東京大学先端科学技術研究センター''<br><font size="+1)東京大学先端科学技術研究センター 2)">[http://researchmap.jp/read0095222 板倉 昭二]</font><br>''京都大学大学院文学研究科''<br>DOI [[XXXX]]/XXXX 原稿受付日:2013年xx月XX日 原稿完成日:2013年xx月XX日XXXX 原稿受付日:2013年8月6日 原稿完成日:2013年xx月XX日<br>担当編集委員:[http://researchmap.jp/atsushiiriki 入來 篤史](独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター)(独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター)<br>
</div>
{{box
|text= 三項関係とは、「主体」と「他者」と(対面の二者間の空間以外にある)「もの」の3者間の関係を指す。主体と他者または主体とものとの2者間の閉じられた関係を指す二項関係と対比される。}}
 
 [[image:Shojiitakura_fig1a.png|thumb|250px|'''図1a 二項関係と三項関係(Tomasello, 1995<ref name=ref1>'''M Tomasello'''<br>Understanding the self as a social agent. In P. Rochat (Ed.), The self in infancy: Theory and research (pp.449-460).<br>''Amsterdam, North Holland/Elsevier Science'':1995</ref>) Elsevierより許可を得て複製''']] [[image:Shojiitakura_fig1b.png|thumb|250px|'''図1b]][[image:Shojiitakura_fig1c.png|thumb|250px|'''図1c]]一般的には、生後約9か月以後のヒトの発達過程における特徴を指す。9か月より前では、自分と他者または自分とものという2者間の関係で乳児の認識世界が成り立っているとするのに対して、9か月以後では、自分と他者とものという3者を含んだ認識世界に至るとする<ref><pubmed>6488956</pubmed></ref><ref name=ref3>'''M Tomasello'''<br>The cultural origins of human cognition<br>''Cambridge, MA: Harvard University Press'':1999</ref>。
 Tomasello<ref name=ref3 />は、この三項関係の発生を「9か月革命」と呼び、この時期に乳児は他者を、 意図を持った行為者と見做し、[[模倣]]や他者理解の発達を示すとしている。また、それまでのように、他者から学ぶというだけでなく、他者を通して学ぶようになるとしている。例えば、大人のある物体への反応を見て、その物体に対しての評価を学習するようになる。また、このような三項関係は、言語の獲得においても重要である。Seibert & Hogan<ref>'''JM Seibert, AE Hogan'''<br>Procedures Manual for Early Social Communication Scales (ESCS)<br>''Coral Gables: Mailman Center for Child Development, University of Miami'':1982</ref>は、二項関係や三項関係の子どもの行動を評価する尺度として、Early Social Communication Scalesを開発している。
 
== 参考文献 ==
<references/>

案内メニュー