差分

移動先: 案内検索

共同注意

288 バイト除去, 2013年11月6日 (水) 17:31
編集の要約なし
|text= 共同注意とは、他者の注意の所在を理解しその対象に対する他者の態度を共有することや、自分の注意の所在を他者に理解させその対象に対する自分の態度を他者に共有してもらう行動を指す。}}
 
共同注意とは、他者の注意の所在を理解しその対象に対する他者の態度を共有することや、自分の注意の所在を他者に理解させその対象に対する自分の態度を他者に共有してもらう行動を指す。
==共同注意とは==
 ヒトにおいて、狭義の共同注意に関する行動はだいたい生後9か月頃から出現すると言われている。それは、大人がいる時に乳児が見てほしいものを指さす(指差し行動)、大人がある対象物を見てそれを乳児も見る(視線追従)、乳児がある対象に対する評価を大人の表情などを見ることで参考にする(社会的参照)などである ヒトにおいて、狭義の共同注意に関する行動はだいたい生後9か月頃から出現すると言われている。それは、大人がいる時に乳児が見てほしいものを指さす(指さし行動)、大人がある対象物を見てそれを乳児も見る(視線追従)、乳児がある対象に対する評価を大人の表情などを見ることで参考にする(社会的参照)などである<ref>'''M Tomasello'''<br>The cultural origins of human cognition<br>''Cambridge, MA: Harvard University Press'':1999</ref>。この狭義の共同注意では、乳児は、大人の行動の意図をある程度理解し、注意対象に対する態度(例:それは危ないから近づいてはいけない)を共有していると考えられている。ただし、最近は、他者の意図理解の伴わない乳児の視線の移動など、3・4か月頃に見られるより単純な行動も広義の共同注意とされ研究されている<ref name=ref1>'''E Redcay, R Saxe'''<br> Do you see what I see? The neural bases of joint attention.<br>In J Metcalfe, HS Terrace (Eds.), Agency and joint attention.<br>''New York, NY: Oxford University Press'':2013</ref>(Redcay & Saxe, 2013)。類似の概念として、自己と他者とその注意共有対象となるものの3者の関係を表す。類似の概念として、自己と他者とその注意共有対象となるものの3者の関係を表す[[三項関係]]があり、三項関係において共同注意は達成されているとする。一方、三項関係以前の、注意共有対象を含まない自己と他者だけの1対1のコミュニケーションは二項関係と呼ばれ、三項関係とは区別される。
==共同注意の発達==
37
回編集

案内メニュー