差分

移動先: 案内検索

ウィリアムス症候群

276 バイト追加, 2013年11月30日 (土) 13:16
編集の要約なし
==治療==
 聴覚過敏などに伴う不安のコントロール、高い社交性(例:人に近づきすぎる)がトラブルを生まないような配慮が必要である。また、一見して分かる、多弁や高い社交性という特徴だけにとらわれず、ウィリアムス症候群を持つ人の得手・不得手を見極めた対応が重要である。(編集コメント:薬物治療などがございましたらご指摘下さい)。 現時点で病態に基づく根治療法は存在しない。聴覚過敏などに伴う不安のコントロール、高い社交性(例:人に近づきすぎる)がトラブルを生まないような配慮が必要である。また、一見して分かる、多弁や高い社交性という特徴だけにとらわれず、ウィリアムス症候群を持つ人の得手・不得手を見極めた対応が重要である。易怒性や摂食不良などの症状を呈する高カル シウム血症乳児の際はカルシウムやビタミンDの摂取制限を行う事がある。高血圧、甲状腺機能異常や耐糖能異常を定期的に観察し、異常を認めた 場合は内科的加療が必要である。
== 参考文献 ==
<references/>

案内メニュー