差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
344 バイト追加 、 2014年2月16日 (日) 16:24
編集の要約なし
10行目: 10行目:  
*「一次妄想(妄想知覚、妄想着想)と二次妄想(妄想反応など)が相互に関連付けられ、妄想体系ないし妄想構築を生じた場合、一次妄想を取り出して診断に用いることはしばしば困難である。」の一文ですが、少し加筆していただくとよりわかりやすいかと思います。例えば、「一次妄想(妄想知覚、妄想着想)と二次妄想(妄想反応など)が相互に関連付けられ、妄想体系ないし妄想構築を生じた場合、その妄想体系が一次妄想を核として構築されたものであるかどうかを判断することは難しい。そのため、妄想体系が構築されている場合、それが統合失調症による一次妄想に基づくかどうかを判断して診断に用いることはしばしば困難である。」等、ご検討ください。
 
*「一次妄想(妄想知覚、妄想着想)と二次妄想(妄想反応など)が相互に関連付けられ、妄想体系ないし妄想構築を生じた場合、一次妄想を取り出して診断に用いることはしばしば困難である。」の一文ですが、少し加筆していただくとよりわかりやすいかと思います。例えば、「一次妄想(妄想知覚、妄想着想)と二次妄想(妄想反応など)が相互に関連付けられ、妄想体系ないし妄想構築を生じた場合、その妄想体系が一次妄想を核として構築されたものであるかどうかを判断することは難しい。そのため、妄想体系が構築されている場合、それが統合失調症による一次妄想に基づくかどうかを判断して診断に用いることはしばしば困難である。」等、ご検討ください。
 
*DSM-5では「奇異な妄想」とありますが、統合失調症の診断基準からは「奇異な妄想」の言葉が消えてしまったように記憶しているのですが、他の部分に記載がございましたでしょうか。念のため、確認です。
 
*DSM-5では「奇異な妄想」とありますが、統合失調症の診断基準からは「奇異な妄想」の言葉が消えてしまったように記憶しているのですが、他の部分に記載がございましたでしょうか。念のため、確認です。
 +
*自我障害の項で、「考想転移」のみ、一級症状に含まれておりませんが、何か注釈は不要でしょうか? 例えば「本症状についてシュナイダーは一級症状に含めていないが、一級症状と同様の機序で生じると考えられ、同様の診断的意義がある。」など。

案内メニュー