差分

移動先: 案内検索

パーソナリティ障害

2,140 バイト追加, 2016年6月22日 (水) 22:39
パーソナリティ障害のタイプ
|-
|style="text-align:center" |
|style="text-align:center" |類型|style="text-align:center" |中心的特徴|style="text-align:center" |臨床特徴
|-
| rowspan="3" |A群・奇妙で風変わり|妄想性パーソナリティ障害|他者への疑念や不信から、危害が加えられることや裏切りを恐れること。|妄想性障害、妄想型統合失調症を発症しやすい。男性に多い。
|-
| 統合失調質パーソナリティ障害|非社交的、孤立しがちで、他者への関心が希薄のように見えること。||かつて統合失調症の病前性格と言われていた。
|-
|統合失調型パーソナリティ障害|思考が曖昧で過度に抽象的で脱線する、感情が狭くて適切さを欠き、対人関係で孤立しやすいこと。||統合失調症に発展しやすい。
|-
| rowspan="4" |B群・演技的感情的で移り気|境界性パーソナリティ障害|感情や対人関係の不安定さ、衝動をうまく制御することができないこと。|うつ病などの精神障害を合併。臨床現場で高頻度。女性に多い。
|-
|自己愛性パーソナリティ障害|周囲の人々を軽視し、周囲の注目と賞賛を求め、傲慢、尊大な態度を見せること。||うつ病や物質使用障害が多く合併。男性に多い。
|-
|反(非)社会性パーソナリティ障害|他者の権利を無視・侵害する行動や、向こう見ずで思慮に欠け、暴力などの攻撃的行動に走ること。||物質使用障害の合併が多い。素行症から多く発展する。男性に多い。
|-
|演技性パーソナリティ障害|他者の注目や関心を集める派手な外見や大げさな行動。||女性に多い。
|-
| rowspan="3" |C群・不安で内向的|依存性パーソナリティ障害|他者への過度の依存。自らの行動や決断に他者の助言や指示を求めること。|うつ病、パニック障害に多く合併。女性に多い。
|-
|強迫性パーソナリティ障害|一定の秩序を保つことへの固執、融通性に欠けること、几帳面、完全主義や細部への拘泥。||男性に多い。
|-
|回避性(不安性) パーソナリティ障害|周囲からの拒絶や失敗することを恐れ、強い刺激をもたらす状況を避けること。|||-||||社交不安の合併が多い。
|-
|}

案内メニュー