差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
16 バイト追加 、 2018年3月14日 (水) 20:23
81行目: 81行目:     
== 末梢機能 ==
 
== 末梢機能 ==
 H1受容体を介して、[[気管支平滑筋収縮]]、[[腸管収縮]]、[[血管平滑筋弛緩]]、[[血管透過性亢進]]、Th1細胞活性化<ref name=Jutel2001><pubmed>11574888</pubmed></ref>[26]、[[第一次求心性線維]]の[[C繊維]]上に存在して痒みを中枢に伝える作用などがある。
+
 H1受容体を介して、[[気管支平滑筋収縮]]、[[腸管収縮]]、[[血管平滑筋弛緩]]、[[血管透過性亢進]]、[[Th1細胞]]活性化<ref name=Jutel2001><pubmed>11574888</pubmed></ref>[26]、[[第一次求心性線維]]の[[C線維]]上に存在して[[痒み]]を中枢に伝える作用などがある。
H2受容体を介して、胃酸分泌促進、心臓への[[陽性変時・陽性変力作用]]、Th1、Th2細胞の活性化を抑制する作用<ref name=Jutel2001/>[26]等がある。
+
H2受容体を介して、胃酸分泌促進、心臓への[[陽性変時・陽性変力作用]]、Th1、[[Th2細胞]]の活性化を抑制する作用<ref name=Jutel2001/>[26]等がある。
   −
 H4受容体を介して、マスト細胞、好酸球の遊走を引き起こす。炎症、アレルギー反応に関与する。
+
 H4受容体を介して、マスト細胞、[[好酸球]]の遊走を引き起こす。炎症、アレルギー反応に関与する。
    
== ヒスタミン神経系と中枢機能 ==
 
== ヒスタミン神経系と中枢機能 ==

案内メニュー