差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
15 バイト除去 、 2018年3月23日 (金) 09:54
131行目: 131行目:  
== リガンド ==
 
== リガンド ==
 
=== 作動薬 ===
 
=== 作動薬 ===
 H1受容体作動薬としては、[[2-メチルヒスタミン]]、H2受容体作動薬としては、[[4-メチルヒスタミン]]、[[ジマプリット]]、[[イムプロミジン]]、H3受容体作動薬としては、[[イメピップ]]、[[イメティット]]、[[R-α-メチルヒスタミン]]、H4受容体作動薬としては、[[クロザピン]]、[[4-メチルヒスタミン]]がある。
+
 H1受容体作動薬としては、2-メチルヒスタミン、ヒスタプロジフェン、H2受容体作動薬としては、4-メチルヒスタミン、アムタミン,
 +
ジマプリット、H3受容体作動薬としては、(R)-α-メチルヒスタミン、イメピップ、イメティット、H4受容体作動薬としては、クロザピン、4-メチルヒスタミンがある。
   −
 このうち、H4受容体作動薬の[[クロザピン]]は、[[セロトニン]][[5-HT2A受容体|5-HT2A]]、[[ドーパミン]][[D4受容体|D4]]、ムスカリン性[[アセチルコリン]][[M1受容体|M1]],[[アドレナリン]][[α1受容体]]に[[阻害作用]]を示し、[[統合失調症]]治療薬として用いられている。
+
 このうち、H4受容体作動薬のクロザピンは、[[セロトニン]][[5-HT2A受容体|5-HT2A]]、[[ドーパミン]][[D4受容体|D4]]、ムスカリン性[[アセチルコリン]][[M1受容体|M1]],[[アドレナリン]][[α1受容体]]に[[阻害作用]]を示し、[[統合失調症]]治療薬として用いられている。
    
=== 阻害薬 ===
 
=== 阻害薬 ===

案内メニュー