差分

移動先: 案内検索

ウイルスベクター

2,332 バイト追加, 2018年4月17日 (火) 15:05
種類
 表1に示すようにさまざまなウイルスがベクターとして用いられており、多くは由来となったウイルスの性質をある程度保持している。それぞれのウイルスベクターの性質について表2にまとめた。
{| class="wikitable"
|+ 表1.ベクターとして利用される代表的なウイルス
! 種類 !! アデノウイルス !! シンドビスウイルス、セムリキ森林ウイルス !! レトロウイルス !! レンチウイルス !! 狂犬病ウイルス !! センダイウイルス !! アデノ随伴ウイルス
|-
| 分類 || アデノウイルス科、マストアデノウイルス属 || トガウイルス科、アフファウイルス属 || レトロウイルス科、オンコウイルス亜科 || レトロウイルス科、レンチウイルス亜科 || ラブドウイルス科、リッサウイルス属 || パラミクソウイルス科、レスピロウイルス属(マウスパラインフルエンザ1型ウイルス) || パルボウイルス科、ディペンドウイルス属
|-
| 疾患 || カゼ症候群 || 関節炎、発疹、発熱 || マウス白血病 || AIDS || 狂犬病 || マウス肺炎 || 病原性なし
|-
| 核酸 || 2本鎖DNA || 1本鎖RNA +鎖 || 1本鎖RNA +鎖 || 1本鎖RNA +鎖 || 1本鎖RNA -鎖 || 1本鎖RNA -鎖 || 1本鎖DNA
|-
| 形態 || 正20面体カプシド || 正20面体カプシド || 正20面体 || 正20面体 || 円筒形 || 多形らせんヌクレオカプシド || 正20面体カプシド
|-
| 大きさ(nm) || 70-90 || 約70 || 80-100 || 80-100 || 180(長)、75(径) || 150-250 || 18-26
|-
| エンベロープ || なし || あり || あり || あり || あり || あり || なし
|}
 
 
{| class="wikitable"
|+ 表2.遺伝子導入に使用されるウイルスベクターの性質
! 由来 !! 細胞障害性 !! 発現期間 !! 神経細胞への感染 !! 物理的封じ込め !! 搭載可能
|-
| アデノウイルス || 有 || ~2ヶ月 || グリア細胞好性 || P2 || 8~30 kb
|-
| シンドビスウイルス || 有(強い) || ~2日 || ニューロン好性 || P2 ||
|-
| センダイウイルス || ほぼ無し || ~2ヶ月 || 好性なし || P2 || 4.5 kb
|-
| レトロウイルス || ほぼ無し || 数年以上 || 分裂細胞のみ、ニューロン発現なし || P2 || 8 kb
|-
| レンチウイルス || ほぼ無し || 数年以上 || ニューロン/グリア || P2 || 8 kb
|-
| アデノ随伴ウイルス || ほぼ無し || 数年以上 || ニューロン/グリア || P1(普通の実験室) || 4.7 kb
|}
=== アデノウイルスベクター ===
 小児に感冒を引き起こす[[ヒト]][[アデノウイルス]] 5型が主に利用されている。ウイルス[[ゲノム]]([[DNA]])は核移行するがホストゲノムに組み込まれずに[[転写]]・[[翻訳]]される。アデノウイルスの増殖にはE1AとE1B領域が必須であるが、これらを発現させたい外来遺伝子と置換し、さらに増殖には不必要なE3領域も欠損させている<ref>'''斎藤 泉'''<br>次世代アデノウイルスベクターの開発状況と展望<br>ウイルス: 47:231-8:1997 doi 10.2222/jsv.47.231</ref>[1]。パッケージングされる部分を残して全て外来遺伝子に置換したウイルスプラスミドを、E1AとE1Bを持続発現しているHEK293細胞に導入することでウイルス粒子が産生され、細胞外に放出される。産生されたウイルス粒子はE1A遺伝子機能をもたないので複製できず非増殖型である。

案内メニュー