差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
1行目: 1行目: −
英語名:Near-infrared spectroscopy (NIRS)
+
英語名:Near-infrared spectroscopy 英略号:NIRS 独:Nahinfrarotspektroskopie 仏:Spectroscopie proche infrarouge
   −
 近赤外線スペクトロスコピー(near-infrared spectroscopy、 NIRS)は、[[wikipedia:JA:近赤外|近赤外]]領域の光を物質に照射し、透過してきた光の性質(強度など)を解析して、非破壊的に対象物の構成成分を分析する方法で、食品科学や[[wikipedia:JA:農業|農業]]など様々な領域で用いられている。生体への応用は、1977年に[[wikipedia:JA:デュ-ク大学|デュ-ク大学]]のJöbsisが近赤外光を用いて動物の[[wikipedia:JA:心臓|心臓]]や[[脳]]の[[wikipedia:JA:酸素|酸素]]化状態を非侵襲的に計測したのが始めてで<ref name=ref1><pubmed>929199</pubmed></ref>、以後、生体組織における[[wikipedia:JA:血流|血流]]・酸素代謝モニタ法として研究・開発が進められてきた。さらに、1990年代になってNIRSが神経活動に連動した[[脳血流]]変化に伴う[[wikipedia:JA:ヘモグロビン|ヘモグロビン]](Hb)変化をとらえることができるということが相次いで報告され、本法は新しい脳機能イメージング法(functional NIRS、 fNIRS)としても注目されるようになった。NIRSの応用例については専門誌の特集号<ref name=ref2>Illuminating the future of biomedical optics.<br>Phil Trans R Soc A. 2011, 369</ref><ref name=ref3>Special Issue on Medical Applications.<br>J Near Infrared Spectrosc. 2012, 20 (1).</ref>などを参照していただき、ここではfNIRSを中心に基礎的事項を解説する。
+
 近赤外線スペクトロスコピーは、[[wikipedia:JA:近赤外|近赤外]]領域の光を物質に照射し、透過してきた光の性質(強度など)を解析して、非破壊的に対象物の構成成分を分析する方法で、食品科学や[[wikipedia:JA:農業|農業]]など様々な領域で用いられている。生体への応用は、1977年に[[wikipedia:JA:デュ-ク大学|デュ-ク大学]]のJöbsisが近赤外光を用いて動物の[[wikipedia:JA:心臓|心臓]]や[[脳]]の[[wikipedia:JA:酸素|酸素]]化状態を非侵襲的に計測したのが始めてで<ref name=ref1><pubmed>929199</pubmed></ref>、以後、生体組織における[[wikipedia:JA:血流|血流]]・酸素代謝モニタ法として研究・開発が進められてきた。さらに、1990年代になってNIRSが神経活動に連動した[[脳血流]]変化に伴う[[wikipedia:JA:ヘモグロビン|ヘモグロビン]](Hb)変化をとらえることができるということが相次いで報告され、本法は新しい脳機能イメージング法(functional NIRS、 fNIRS)としても注目されるようになった。NIRSの応用例については専門誌の特集号<ref name=ref2>Illuminating the future of biomedical optics.<br>Phil Trans R Soc A. 2011, 369</ref><ref name=ref3>Special Issue on Medical Applications.<br>J Near Infrared Spectrosc. 2012, 20 (1).</ref>などを参照していただき、ここではfNIRSを中心に基礎的事項を解説する。
     

案内メニュー