差分

移動先: 案内検索

心的回転

24 バイト追加, 2012年4月16日 (月) 13:19
編集の要約なし
しかし,例えば正立像とは異なる方位の英数字を見せ,その英数字が何であるか同定させるような場合は正立像との回転角度差に対して反応時間が増加しない<ref><pubmed>661562</pubmed></ref>ことから,英数字のような比較的単純なパターンの同定は正立姿勢からの回転に対しては不変に行われると考えられる.また,高野<ref>'''高野陽太郎'''<br>傾いた図形の謎<br>''東京大学出版会(東京)'':1987</ref>は回転角度に伴う反応時間の増加が見られる条件と反応時間が増加しない条件について検討を行い,刺激ペアが方位によらず識別可能な特徴で見分けられる場合は心的回転が行われないという「情報タイプ理論」を提案している.
また,心的回転において刺激全体が表現されているのではなく,刺激の一部を比較しているのに過ぎないとする批判もある(例えば,また,心的回転において刺激全体のイメージが回転されているのではなく,単に刺激の一部を比較しているのに過ぎないとする批判もある(例えば,<ref>'''M A Just, P A Carpenter'''<br>Eye fixations and cognitive processes.<br>''Cognitive psychology'':1976, 8(4), 441-480</ref><ref><pubmed>431403</pubmed></ref>).JustとCarpenterは心的回転中の実験協力者の眼球運動を調べた.その結果,刺激ペアの回転角度差が大きくなるにつれて二つの刺激図形の対応する場所を比較する眼球運動が増えたことから,方位差によって刺激図形の対応点を同定する困難さが増したことが反応時間の増加に繋がったと考えた. ).JustとCarpenterは心的回転中の実験協力者の眼球運動を調べた.その結果,刺激ペアの回転角度差が大きくなるにつれて二つの刺激図形の対応する場所を比較する眼球運動が増えたことから,方位差によって刺激図形の対応点を同定する困難さが増したことが反応時間の増加に繋がったとしている.
== 身体運動と心的回転の相互作用 ==
11
回編集

案内メニュー