「プロスタグランジン」の版間の差分

提供: 脳科学辞典
移動先: 案内検索
4行目: 4行目:
  
 
プロスタグランジンは五員環構造を含む20個の炭素鎖からなる生理活性脂質である<ref><pubmed> 116251 </pubmed></ref>。プロスタグランジンと構造の類似したトロンボキサンを併せてプロスタノイド(prostanoid)と称する。1930年にヒトの精液に含まれる子宮収縮物質として発見された。非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用は、主にプロスタノイドの合成阻害によると考えられている<ref><pubmed> 9597150 </pubmed></ref>。生体には五員環構造の側鎖や炭素鎖の二重結合の数の異なる多種のプロスタノイドが存在するが、これまでの研究では主にプロスタグランジンD<sub>2</sub> (PGD<sub>2</sub>)、プロスタグランジンE<sub>2</sub>(PGE<sub>2</sub>)、プロスタグランジンF<sub>2α</sub>(PGF<sub>2α</sub>)、 プロスタサイクリン(プロスタグランジンI<sub>2</sub>、PGI<sub>2</sub>)、トロンボキサンA<sub>2</sub>(TXA<sub>2</sub>)の役割が解析されてきた。PGD<sub>2</sub>、PGE<sub>2</sub>、PGF<sub>2α</sub>、PGI<sub>2</sub>、TXA<sub>2</sub>はDP、EP、FP、IP、TPと呼ばれる特異的なG蛋白共役型受容体を介して、多様な生理機能、病態生理機能に関わる<ref><pubmed> 21357250 </pubmed></ref>。これらの機能には、循環器・消化器・骨の恒常性維持、卵巣や子宮といった生殖器の機能、局所炎症に伴う血管透過性亢進や疼痛惹起、細胞性免疫応答、睡眠、疾病時の発熱や内分泌応答、神経変性疾患や脳虚血に伴う神経細胞死、脳機能的充血、シナプス可塑性や記憶学習、心理ストレス下での情動制御などが含まれる。<br>
 
プロスタグランジンは五員環構造を含む20個の炭素鎖からなる生理活性脂質である<ref><pubmed> 116251 </pubmed></ref>。プロスタグランジンと構造の類似したトロンボキサンを併せてプロスタノイド(prostanoid)と称する。1930年にヒトの精液に含まれる子宮収縮物質として発見された。非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用は、主にプロスタノイドの合成阻害によると考えられている<ref><pubmed> 9597150 </pubmed></ref>。生体には五員環構造の側鎖や炭素鎖の二重結合の数の異なる多種のプロスタノイドが存在するが、これまでの研究では主にプロスタグランジンD<sub>2</sub> (PGD<sub>2</sub>)、プロスタグランジンE<sub>2</sub>(PGE<sub>2</sub>)、プロスタグランジンF<sub>2α</sub>(PGF<sub>2α</sub>)、 プロスタサイクリン(プロスタグランジンI<sub>2</sub>、PGI<sub>2</sub>)、トロンボキサンA<sub>2</sub>(TXA<sub>2</sub>)の役割が解析されてきた。PGD<sub>2</sub>、PGE<sub>2</sub>、PGF<sub>2α</sub>、PGI<sub>2</sub>、TXA<sub>2</sub>はDP、EP、FP、IP、TPと呼ばれる特異的なG蛋白共役型受容体を介して、多様な生理機能、病態生理機能に関わる<ref><pubmed> 21357250 </pubmed></ref>。これらの機能には、循環器・消化器・骨の恒常性維持、卵巣や子宮といった生殖器の機能、局所炎症に伴う血管透過性亢進や疼痛惹起、細胞性免疫応答、睡眠、疾病時の発熱や内分泌応答、神経変性疾患や脳虚血に伴う神経細胞死、脳機能的充血、シナプス可塑性や記憶学習、心理ストレス下での情動制御などが含まれる。<br>
</references>
+
 
 +
==プロスタグランジン生合成==
 +
 
 +
 
 +
==プロスタグランジン受容体==
 +
 
 +
 
 +
==脳機能におけるプロスタグランジンの役割==
 +
===疾病応答===
 +
===発熱===
 +
===HPA系活性化===
 +
===摂食行動===
 +
===覚醒睡眠===
 +
===疼痛===
 +
===ドパミン系と情動===
 +
===シナプス可塑性と記憶学習===
 +
===脳機能的充血===
 +
===高血圧===
 +
===神経細胞死===
 +
===アルツハイマー病===
 +
===筋萎縮性側索硬化症===
 +
===精神疾患===
 +
 
 +
 
 +
 
 +
 
 +
<br> <references />

2012年8月13日 (月) 10:15時点における版

 プロスタグランジン

英:prostaglandin、英略語:PG、独:Prostaglandine、仏:Prostaglandine

プロスタグランジンは五員環構造を含む20個の炭素鎖からなる生理活性脂質である[1]。プロスタグランジンと構造の類似したトロンボキサンを併せてプロスタノイド(prostanoid)と称する。1930年にヒトの精液に含まれる子宮収縮物質として発見された。非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用は、主にプロスタノイドの合成阻害によると考えられている[2]。生体には五員環構造の側鎖や炭素鎖の二重結合の数の異なる多種のプロスタノイドが存在するが、これまでの研究では主にプロスタグランジンD2 (PGD2)、プロスタグランジンE2(PGE2)、プロスタグランジンF(PGF)、 プロスタサイクリン(プロスタグランジンI2、PGI2)、トロンボキサンA2(TXA2)の役割が解析されてきた。PGD2、PGE2、PGF、PGI2、TXA2はDP、EP、FP、IP、TPと呼ばれる特異的なG蛋白共役型受容体を介して、多様な生理機能、病態生理機能に関わる[3]。これらの機能には、循環器・消化器・骨の恒常性維持、卵巣や子宮といった生殖器の機能、局所炎症に伴う血管透過性亢進や疼痛惹起、細胞性免疫応答、睡眠、疾病時の発熱や内分泌応答、神経変性疾患や脳虚血に伴う神経細胞死、脳機能的充血、シナプス可塑性や記憶学習、心理ストレス下での情動制御などが含まれる。

プロスタグランジン生合成

プロスタグランジン受容体

脳機能におけるプロスタグランジンの役割

疾病応答

発熱

HPA系活性化

摂食行動

覚醒睡眠

疼痛

ドパミン系と情動

シナプス可塑性と記憶学習

脳機能的充血

高血圧

神経細胞死

アルツハイマー病

筋萎縮性側索硬化症

精神疾患


  1. Moncada, S., & Vane, J.R. (1978).
    Pharmacology and endogenous roles of prostaglandin endoperoxides, thromboxane A2, and prostacyclin. Pharmacological reviews, 30(3), 293-331. [PubMed:116251] [WorldCat]
  2. Vane, J.R., Bakhle, Y.S., & Botting, R.M. (1998).
    Cyclooxygenases 1 and 2. Annual review of pharmacology and toxicology, 38, 97-120. [PubMed:9597150] [WorldCat] [DOI]
  3. Narumiya, S., & Furuyashiki, T. (2011).
    Fever, inflammation, pain and beyond: prostanoid receptor research during these 25 years. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 25(3), 813-8. [PubMed:21357250] [WorldCat] [DOI]