モルフォリノ

提供: 脳科学辞典
2015年5月19日 (火) 08:59時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 承認済み版 (差分) | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

千原 崇裕三浦 正幸
東京大学大学院薬学系研究科 遺伝学教室
DOI:10.14931/bsd.5880 原稿受付日:2015年5月7日 原稿完成日:2015年5月15日
担当編集委員:上口 裕之(国立研究法人理化学研究所脳科学総合研究センター)

英語名:morpholino

同義語:モルフォリノオリゴヌクレオチド (morpholino oligonucleotide)

 モルフォリノとは、RNA、DNAのリボース、デオキシリボースの代わりにモルフォリン環を持つオリゴヌクレオチドであり、一般的なアンチセンスの問題点(安定性、特異性、細胞毒性など)を克服した第3世代のアンチセンスである。

図. モルフォリノ(左)と通常(右)のRNAの比較
Wikipediaより翻訳

 モルフォリノとは、RNA, DNAのリボース、デオキシリボースの代わりにモルフォリン環を持つオリゴヌクレオチドであり(図)、一般的なアンチセンスの問題点(安定性、特異性、細胞毒性など)を克服した第3世代のアンチセンスである[1]。遺伝子の機能解析に利用されており、特に、アフリカツメガエルゼブラフィッシュウニなどを用いた発生学分野の研究において頻繁に利用されている。

 一方、2015年、モルフォリノオリゴヌクレオチドは標的遺伝子以外の遺伝子機能も抑制する可能性が高いことが報告された(オフターゲット効果)[2]。ゼブラフィッシュにおいてモルフォリノオリゴヌクレオチドによる表現型突然変異体の表現型を体系的に調べた結果、70%以上の遺伝子に関して表現型が一致しなかった。このことから、モルフォリノオリゴヌクレオチドの使用には、突然変異体の表現型観察なども用いた慎重な解析が必要とされている[2] [3]

関連項目

参考文献

  1. Paul A Morcos

    Achieving targeted and quantifiable alteration of mRNA splicing with Morpholino oligos.
    Biochem. Biophys. Res. Commun.: 2007, 358(2);521-7 [PubMed:17493584] [WorldCat.org] [DOI]

  2. 2.0 2.1 F O Kok, M Shin, C-W Ni, A Gupta, A S Grosse, A van Impel, B C Kirchmaier, J Peterson-Maduro, G Kourkoulis, I Male, D F DeSantis, S Sheppard-Tindell, L Ebarasi, C Betsholtz, S Schulte-Merker, S A Wolfe, N D Lawson

    Reverse genetic screening reveals poor correlation between morpholino-induced and mutant phenotypes in zebrafish.
    Dev. Cell: 2015, 32(1);97-108 [PubMed:25533206] [WorldCat.org] [DOI]

  3. Didier Y R Stainier, Zacharias Kontarakis, Andrea Rossi

    Making sense of anti-sense data.
    Dev. Cell: 2015, 32(1);7-8 [PubMed:25584794] [WorldCat.org] [DOI]