メインメニューを開く

脳科学辞典 β

差分

Signal Transducers and Activator of Transcription 3

16 バイト追加, 2012年9月12日 (水) 19:28
編集の要約なし
 また、STAT3をシグナル経路下流の転写因子とするLIFなどのサイトカイン群と、smadをシグナル経路下流の転写因子とするBMP2などのサイトカイン群(TGF-βスーパーファミリー)の両者は別々の受容体システムを介し、互いに協調的にクロストークして相乗的アストロサイト分化誘導<ref name="ref4"><pubmed> 10205054 </pubmed></ref>することが明らかにされている。
== STAT3遺伝子欠損による影響 脳内での働き②:神経幹細胞増殖制御 ==
 通常のSTAT3遺伝子欠損(ノックアウト, KO)は胎生致死に至るので、脳内における影響は解析できない<ref name="ref5"><pubmed> 9108058 </pubmed></ref>。
 そこで、神経系細胞特異的にSTAT3遺伝子を欠損(コンディショナルノックアウト, cKO)するトランスジェニックマウスを用いて、解析した。STAT3KOマウスの海馬歯状回におけるNSCの数が減少することが明らかになった。このことから、ニューロンに対する栄養因子活性を有する毛様体神経栄養因子ciliary するトランスジェニックマウスを用いて、解析した結果、STAT3KOマウスの海馬歯状回におけるNSCの数が減少することが明らかになった。このことから、ニューロンに対する栄養因子活性を有する毛様体神経栄養因子ciliary neurotrophic factor(CNTF)はサイトカイン受容体と結合し、下流のJAK/STAT3経路を活性化することで、NSCの自己増殖制御に制御することが示されたSTAT3経路を活性化することで、NSCの自己増殖を制御することが示された<ref name="ref6"><pubmed> 19023034 </pubmed></ref>。
170
回編集