トーク:半規管と耳石器

提供: 脳科学辞典
移動先: 案内検索

 編集 林 作業記録

  • 見出しを作成致しました。
  • 内部リンク、外部リンクを作成致しました。
  • 同類語としてあげられていた物の一部からリダイレクト作成、別な一部は関連項目としてあげました。

藤田先生、査読を御願い致します。

--Yasunori Hayashi 2012年6月1日 (金) 23:56 (JST)


編集担当者 藤田一郎からのコメント(8/14/2012)

8月14日に杉内さんにお送りしたコメントを記録のため、以下に転記しておきます。

 拝読して以下の点に質問があります。お答えをお原稿に反映して いただけると大変ありがたく存じます。

1.「前庭を迷路とも言う」と第一文に書かれているのですが、 迷路は、たとえば蝸牛においても、膜迷路や骨迷路という語として 使用します。この点、初学者や分野外の方は混乱すると思うのです が、どのように使われているのでしょうか。今日でも、前庭を迷路 と呼ぶことはあるのでしょうか。(実は、この問題は、現在改訂中 の岩波書店生物学辞典でも起きました)。

2.半規管の第一文「膜でできた管状の構造物」とありますが、 ここで言う「膜」とは何かをもう少し具体的に書いていただけ ますでしょうか。

3.2と同じ段落の最終文「それぞれの回転として」という 「それぞれの」は何を指すのでしょうか。この文、すこし改善を お願いできますでしょうか。

4.耳石器の解説のところ、下から数行目に「これにより、有毛細胞 があらゆる方向の加速度を検出できる」とありますが、その理由が よく理解できません。理由について、一文、書き足していただけ ないでしょうか。


編集担当者 藤田一郎からのコメント(8/30/2012)

 適切なご対応ありがとうございました。冒頭の一文を定義文に したいと思い、若干の変更を施しましたのでご覧になってください。

 あと1点、ご考慮いただきたい点があります。平衡器官の2-4 段落に出てくる感覚毛と、不動毛、動毛との関係がよくわかりませ ん。感覚毛に不動毛と動毛の2種類があるということでしょうか、 それとも、感覚細胞にはえている2種類の毛のうち、不動毛だけを 感覚毛と呼ぶのでしょうか。たとえば、第三段落、「有毛細胞に 興奮を起こさせるのは、感覚毛の動毛側への屈曲」とありますが、 この文の感覚毛というのは不動毛のことでしょうか。このあたり、 語句の整理をお願いできますでしょうか。