トーク:小胞モノアミントランスポーター

提供: 脳科学辞典
ナビゲーションに移動 検索に移動

編集 林 作業記録

  • Allen Brain Atlasへのリンクを作成しました。
  • GNC Protein Boxを入れました。
  • 内部リンク、外部リンク作成致しました。

河西先生、査読をお願い致します。 --Yasunori Hayashi 2012年4月28日 (土) 20:06 (JST)

下記の部分を修正しました。

また、ClC3やClC7などのCl-チャネルにより流入したCl-イオンが小胞膜を脱分極し、膜内外における電荷のバランスを維持している。これは、正に帯電したモノアミンを取り込む際の反発力を抑制するため、膜電位を負ないし中性に維持する必要があるためと考えられる。

修正後

また、ClC3やClC7などのCl-チャネルを通ってCl-イオンが小胞膜に出入りすることで、膜内外における電荷のバランスが維持される。これにより、ATPアーゼとモノアミントランスポーターは個別に働くことができ、効率のよいモノアミンの貯留が可能となる。

わかりやすくしたつもりですが、これでよろしいでしょうか。この塩素チャネルを止めるとモノアミンの貯留が悪くなることを示す文献があったように思いますが、引用できますでしょうか。

精神刺激薬の部分は多くの人の興味のあるところですが、いつもわかりにく所です。

薬の種類と作用部位(機構)を整理した表が作れないでしょうか。

薬の種類

コカイン、メチルフェニデート
アンフェタミン
レゼルピン、テトラベナジン
作用部位
細胞膜モノアミントランスポーター
VMAT
小胞からのドーパミンの放出
VMATを含む小胞の局在変化

以上