トーク:抑制性神経細胞

提供: 脳科学辞典
移動先: 案内検索

編集 林 作業記録

  • 内部リンク、外部リンク作成
  • もう少し各論的な事(例えば大脳皮質の抑制性神経細胞にどのような種類があるか、それぞれがどのような根拠で分類されているのか、特徴は何か)を書いて頂いても良いかと思いましたが、切りがないかもしれません。

--Yasunori Hayashi 2013年1月11日 (金) 09:24 (JST)

編集 柚崎 作業記録

  • 冒頭の「中枢神経系には興奮性神経細胞の他に多数の抑制性神経細胞が存在する。例えばビククリン、ピクロトキシン、SR95531等のGABAA受容体拮抗薬の投与により痙攣様発作を誘発することができるためこのような抑制性介在神経細胞の活動は神経回路の過剰興奮性を制御していると考えられる。」は冒頭での総論としては収まりが悪いように思います。林先生が書かれているようなもう少し具体的な事ー例えば大脳皮質の抑制性神経細胞は興奮性の20%あり、どのような種類があるかなどが、それぞれがどのような根拠で分類されているのかなどが書かれていた方が良いと思いました。
  • ごちゃごちゃ書くよりも早いと思いましたので、取りあえず、大変失礼ながら勝手に改訂してみました。あくまでたたき台に過ぎませんので、自由に改訂していただければ幸いです。
  • 谷口さんの仕事でシャンデリア細胞の由来が分かったと思いますが、もし可能ならこの知見もお願いします。

編集 林 作業記録

  • フォーマット変更に伴い、抄録作成。
  • イントロを一部整理。
  • 小見出し作成。

--Yasunori Hayashi (トーク) 2014年11月2日 (日) 20:03 (JST)