トーク:PDZドメインタンパク質

提供: 脳科学辞典
移動先: 案内検索

編集 林 作業記録

  • PFAM box挿入
  • 内部リンク・外部リンク作成
  • 抄録一部修正。名前の由来については「名称の由来」に移行。

--Yasunori Hayashi (トーク) 2013年11月2日 (土) 12:50 (JST)

編集 柚崎 作業記録

とてもよくまとまっていると思いました。唯一、「調整機構」の項ですが、「・・・例えば、カリウムチャネルやβ1アドレナリン受容体、stargazinなどのC末端がリン酸化されることによって、PSD-95のPDZドメインとの結合能が低下する」の例の中でstargazinについては、誤解を生むと思います。確かにPMID:12122038や11805122ではそのように報告されていました。しかし、TomitaらはPMID:20547132で、stargazinのリン酸化によてもPSD-95との結合は変わらないことを示しています。差が見えるのはリン脂質の存在下のみです。この点ご確認の上、適宜修正をお願いします。