差分

移動先: 案内検索

検索

6 バイト除去, 2013年1月28日 (月) 12:20
編集の要約なし
 膨大な記憶情報のなかから目標とする情報を探し出すためには,目標とする情報と関連する情報を手がかりとして有効に利用することが重要である。適切な手がかりを用いることにより,記憶検索は促進される。[[符号化特定性原理]]<ref>'''Tulving, E., & Thomson, D. M.'''<br>Encoding specificity and retrieval processes in episodic memory.<br>''Psychol Rev,'' 80, 352–373.:1973</ref>では、記銘時の符号化の文脈的状況と一致する手がかりほど有効とされる。記銘時の脳活動と検索時の脳活動パターンが近いほど検索が成功しやすいという報告もある<ref><pubmed> 16373577 </pubmed></ref>。
== 記憶干渉 干渉 ==
 前に学習した記憶の検索が、後に学習した記憶の検索に対して妨害的に働く干渉と、後の学習がそれ以前の学習に対して妨害的に働く干渉とがある。複数の学習に共通または対立する情報が含まれる場合、それらの検索に干渉が起きると考えられる<ref>'''Roediger, H. L., III, & McDermott, K. B.'''<br>Creating false memories: Remembering words not presented in lists. <br>''J Exp Psychol Learn Mem Cogn'', 21, 803–814.:1995</ref>。また、干渉は遅延によっても影響を受ける。検索、想起を繰り返すことは学習を繰り返すことよりも記憶[[保持]]に効果的である<ref><pubmed> 18276894 </pubmed></ref>。ただし検索の干渉があり、例えばA-B、A-Cの連合を学習した後、A-Bのみ検索、想起を繰り返すと、A-Cの想起が困難になる現象を[[検索誘導性忘却]]という<ref><pubmed> 7931095 </pubmed></ref>。
46
回編集

案内メニュー