差分

移動先: 案内検索

検索

13 バイト除去, 2013年1月28日 (月) 14:13
編集の要約なし
== 概要 ==
 記憶が失われたのではなく利用可能であるが、アクセスできない状態<ref>''' Tulving E, & Pearlstone Z.'''<br>Availability versus accesibility of information in memory for words.'':1966</ref>があることは、検索の重要性を示している。[[学習]]、符号化は出来ていても、検索が成功する場合と失敗する場合がありえる。記憶は学習した内容がそのまま再生されるのではなく、学習した情報を元に想起時に作り出されるものである。つまり記憶は検索、そして想起により情報を組み合わせて構築されるものであり、構成的である、符号化は出来ていても、検索が成功する場合と失敗する場合がありえる。記憶は学習した内容がそのまま再生されるのではなく、学習した情報を元に想起時に作り出されるものである。つまり記憶は検索そして想起により再構築されるものであり、構成的である<ref>'''Bartlett, F.C.'''<br>Remembering. A study in experimental and social psychology.<br>''Cambridge: Cambridge University Press.'':1932</ref>。よって、検索はtop-downの制御を受け、誘導されやすい性質を持つ<ref>''' Collins, A. M., & Loftus, E. F.'''<br>A spreading activation theory of semantic processing.<br>''Psychol Rev'', 82, 407-428.:1975</ref>。また、検索により記憶が活性化状態となり、それが伝播・拡散していくことが仮定されている<ref><pubmed> 8346330 </pubmed></ref>。
== 検索手がかり ==
== 干渉 ==
 
interference
 前に学習した記憶の検索が、後に学習した記憶の検索に対して妨害的に働く干渉と、後の学習がそれ以前の学習に対して妨害的に働く干渉とがある。複数の学習に共通または対立する情報が含まれる場合、それらの検索に干渉が起きると考えられる<ref>'''Roediger, H. L., III, & McDermott, K. B.'''<br>Creating false memories: Remembering words not presented in lists. <br>''J Exp Psychol Learn Mem Cogn'', 21, 803–814.:1995</ref>。また、干渉は遅延によっても影響を受ける。検索、想起を繰り返すことは学習を繰り返すことよりも記憶[[保持]]に効果的である<ref><pubmed> 18276894 </pubmed></ref>。ただし検索の干渉があり、例えばA-B、A-Cの連合を学習した後、A-Bのみ検索、想起を繰り返すと、A-Cの想起が困難になる現象を[[検索誘導性忘却]]という<ref><pubmed> 7931095 </pubmed></ref>。
46
回編集

案内メニュー