差分

移動先: 案内検索

脊髄損傷

664 バイト除去, 2015年8月5日 (水) 20:09
編集の要約なし
==脊髄損傷とは==
 脊髄損傷とは、 脊髄損傷とは、主に高所からの転落や[[wj:交通事故|交通事故]]などの外傷により[[wj:スポーツ脊椎|スポーツ脊椎]]、転倒などによる頭部打撲で脊椎にかかる過剰な外力を介して、の中を走る[[wj:骨折|骨折脊髄]]や偏位した椎体や椎間板により脊髄が圧迫されて生じる急性発症の横断性脊髄疾患を指す。症状は脊髄の損傷程度やレベルによって様々であるが、第4頸髄より高位の重度障害では四肢の麻痺と感覚脱失、膀胱直腸障害に加え、呼吸筋麻痺をきたす。疾患背景に後縦靭帯や黄色靭帯の骨化や肥厚、が損傷された状態のことを指す。受傷時に脊椎の[[wj:変形脊椎症骨折|変形脊椎症骨折]]や[[wj:椎間板ヘルニア脱臼|椎間板ヘルニア脱臼]]などの二次性、ないしは発育性を伴うことが多い。[[wj:脊柱管狭窄症頚椎|脊柱管狭窄症頚椎]]を有する場合が多く、高位での損傷では四肢の[[wj:骨折|骨折]]や[[wj:脱臼|脱臼麻痺]]、ヘルニアの増悪によるさらなる脊髄の外的圧迫や虚血がその機序と考えられているが、脊椎疾患による慢性的進行性の脊髄症状(頸椎症性[[wj:ミエロパチー胸椎|ミエロパチー胸椎]])とは臨床的に区別される。一度損傷された脊髄を再生させる治療は現在存在せず、重度の後遺症を残すことが多い。高位での損傷では両下肢の麻痺を伴うことが多く、麻痺の程度によっては、麻痺の改善が極めて乏しいか、改善が認められないことも少なくない。
== 疫学 ==

案内メニュー