差分

移動先: 案内検索

パーソナリティ障害

14 バイト除去, 2016年8月2日 (火) 23:54
編集の要約なし
 Millon, T.<ref>M'''illon T.''' <br>Disorders of Personality: Introducing a DSM/ICD Spectrum from Normal to Abnormal. 3rd ed. <br>New York: ''Wiley & Sons''; 2011.</ref>の著作によると、現代的なパーソナリティ障害に該当すると考えられる精神医学的概念が提唱されるようになったのは19世紀初頭であった。もっとも初期のものの代表は、Pinel、 P.による激しい怒りの発作などの病的行動の背後に幻覚・妄想や気分症状がないことを特徴とする症例の記述であった。その後も、伝統的な精神障害が背景にないにもかかわらず、顕著な認知・行動の異常を示すさまざまなタイプの症例の記述が蓄積されていった。
 パーソナリティ障害の病態を初めて独自の精神病理として積極的に(~ではないという否定文によってでなく)定義したのは[[wj:クルト・シュナイダー|Schneider, K.]]であった<ref name=ref2>'''Schneider K.'''<br>Die Psychopathischen Persönlichkeiten.<br>''Wien: Franz Deuticke''; 1923<br>'''懸田克躬他訳'''<br>精神病質人格<br>''みすず書房''、 東京、 1954</ref>。彼はまず、その上位概念となる異常パーソナリティであった。彼はまず、その上位概念となる異常パーソナリティ(abnorme Persönlichkeit)を平均的なパーソナリティからの変異として規定し、さらに精神病質パーソナリティを異常パーソナリティの一部として「そのパーソナリティの異常さのゆえに自らが悩む(leiden)か、または、社会が苦しむ(を苦しませる(stören))異常」であると定義した。
 パーソナリティ障害はその後、[[wj:世界保健機構|世界保健機構]](World Health Organization (WHO))の国際疾病分類第6版(The international classification of diseases, 6th revision (ICD-6))(1948)や、APAのDSM-I (1952)以降、当時広く使われていたパーソナリティ障害のタイプを包括する診断として取り上げられるようになった。
====ディメンショナルモデルの提唱====
 元々パーソナリティ心理学では、[[因子分析]]などの統計学的方法を使って信頼性の高いパーソナリティ傾向のディメンショナルな評価が確立されていた。他方、パーソナリティ障害の診断では、DSM-IIIの多神論的記述的症候論モデルが導入されても、まだ信頼性が他の精神障害のレベルに達しないなどの問題点が残されていた。それは、当時[[ICD-10]] (1992)<ref name=ref4>'''World Health Organization (WHO)'''<br>The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders. Clinical Descriptions and Diagnostical Guidlines.<br>''Geneva: WHO''; 1992<br>'''融道男、中根允文、小見山実、他''' 監訳 <br>ICD-10 精神および行動の障害:臨床記述と診断ガイドライン、新訂版<br>''医学書院''、2005</ref>やDSM-III-R (1987)で採用されていたカテゴリカルモデルによる診断が原因だと主張されていた。そこで、[[DSM-IV]]<ref name=ref5>'''American Psychiatric Association'''<br>Diagnostic and statistical manual of mental disorders, Fourth Edition (DSM-IV)<br>''Washington DC: American Psychiatric Association''; 1994<br>'''髙橋三郎、大野裕、染矢俊幸'''監訳<br>DSM-IV精神疾患の診断・統計マニュアル<br>''医学書院、東京''、1996</ref>では、これへの対策として、Widigerら<ref><pubmed> 8666708</pubmed></ref>の見解に基づいて、DSMの新版でのディメンショナルモデルの導入が提唱された。では、これへの対策として、DSMの新版でのディメンショナルモデルの導入が提唱された。
 その後、Costa, P.T. & McCrae, R.R.の主要5因子モデル(Five Factor Model(1990))から発展した5次元モデル<ref>'''Costa PT、 McCrae. R. R., & Costa, P. T.. JrRR.'''<br>Personality' in adulthoodDisorders and The Five-Factor Model of Personality. <br>''New York: Guilford.Journal of Personality Disorders'', 1990;4(4):362-371.</ref>)から発展した5次元モデルや、Trull や、Trull T.J.らによる4次元モデルら(2007)による4次元モデル<ref><pubmed>1732403317143083</pubmed></ref>などの診断モデルの検討が進められた。
==現在の概念・定義==

案内メニュー