差分

移動先: 案内検索

パーソナリティ障害

121 バイト追加, 2016年8月3日 (水) 00:39
編集の要約なし
===生育環境・社会文化的要因===
 パーソナリティ障害の成り立ちにおいては、発達過程や生育環境も重視されなければならない。例えば、境界性、反社会性パーソナリティ障害では、劣悪な養育環境(発達期の虐待、貧困や施設での生育など)が発生要因として関与していると考えられている。1990年代には、境界性パーソナリティ障害の生育史(虐待、親子関係)についての[[後方視的研究]]が行われ、養育環境要因の確認が進められた<ref name=ref10>'''林 直樹Gunderson JG.'''<br>境界性パーソナリティ障害の生活歴・現病歴・家族関係Borderline personality disorder: A clinical guide. <br>''精神科治療学Washington、 D. C.: American Psychiatric Publishing''. 2010;25(11):1459-14632001.<br>黒田章史訳 <br>境界性パーソナリティ障害 クリニカル・ガイド<br>''金剛出版、東京''、2006</ref>。
 パーソナリティ障害は、特に社会文化的要因の影響を受けやすいと考えられている。例えば、境界性パーソナリティ障害の増加は繰り返し指摘されてきたが、その原因は社会文化的な影響によるものと考えられている。

案内メニュー