差分

移動先: 案内検索

電気けいれん療法

3 バイト追加, 2017年3月22日 (水) 01:33
編集の要約なし
</div>
{{box|text=電気けいれん療法は、経皮的に頭部に通電を行い脳に人工的なけいれんを誘発することで治療効果を得る精神神経疾患に用いられる治療法で、特に重症うつ病、薬物治療抵抗性ないし重症躁病、またはカタトニア(緊張病)に高い治療効果を持つ。ECT手技は、従来型ECTから修正型ECTへ、さらはサイン波治療器を用いたECTからパルス波治療器を用いたECTへと発展してきており、その安全性は向上しているものの、現在もその作用機序が未解明であることやわが国でのECT手技の標準化がまだ十分でないことなどの課題があり、作用機序に関する研究や精神科関連学会を中心としたECTの標準化がすすめられている。}}英語名:electroconvulsive therapy 英略称:ECT 独:Elektrokrampftherapie, Elektrokonvulsiontherapie 仏:électroconvulsivothérapie
英語名:electroconvulsive therapy 英略称:ECT 独:Elektrokrampftherapie, Elektrokonvulsiontherapie 仏:électroconvulsivothérapie{{box|text= 電気けいれん療法は、経皮的に頭部に通電を行い脳に人工的なけいれんを誘発することで治療効果を得る精神神経疾患に用いられる治療法で、特に重症うつ病、薬物治療抵抗性ないし重症躁病、またはカタトニア(緊張病)に高い治療効果を持つ。ECT手技は、従来型ECTから修正型ECTへ、さらはサイン波治療器を用いたECTからパルス波治療器を用いたECTへと発展してきており、その安全性は向上しているものの、現在もその作用機序が未解明であることやわが国でのECT手技の標準化がまだ十分でないことなどの課題があり、作用機序に関する研究や精神科関連学会を中心としたECTの標準化がすすめられている。}}
==歴史==

案内メニュー