Test

提供: 脳科学辞典
これは、このページの承認済み版であり、最新版でもあります。
移動先: 案内検索

情動や意欲、意思決定

 ドーパミンやオピオイドの作用を変化させると、強迫的な選択行動等がひきおこされることから側坐核がhedonic(快楽的)な感情のプロセスに関与していることが示された。Berridgeらは、げっ歯類の側坐核の中で吻側―尾側軸の特定の異なる領域が、「快楽や報酬」領域と「恐怖や嫌悪」領域という異なる情動と対応していることを明らかにした[1]


  1. Kent C Berridge, Morten L Kringelbach

    Affective neuroscience of pleasure: reward in humans and animals.
    Psychopharmacology (Berl.): 2008, 199(3);457-80 [PubMed:18311558] [WorldCat.org] [DOI]