差分

移動先: 案内検索

Gタンパク質共役型受容体

12 バイト除去, 2019年8月12日 (月) 17:22
Nijcadmin (トーク) による版 39429 を取り消し
<div align="right">
<font size="+1">[http://researchmap.jp/7000004108 足立 直子]、[http://researchmap.jp/read0014761 齋藤 尚亮]</font><[[br]]>
''神戸大学バイオシグナル研究センター''<br>
DOI:<selfdoi /> 原稿受付日:2016年1月19日 原稿完成日:2016年2月7日<br>
== 分類 ==
 [[ヒト]]では800種以上のGタンパク質共役型受容体が見つかっており、その半数は[[感覚]]([[嗅覚]]、[[味覚]]、[[視覚]]、[[フェロモン]])に対する[[受容体]]である。残りの半数の内、3分の2はその他の様々な生理機能(神経系、[[内分泌]]系)に関与し、3分の1は生理的なリガンドが不明もしくは機能不明な[[オーファン受容体]](orphan receptor)である<ref><[[pubmed]]> 26582914 </pubmed></ref>。これまでに様々な方法で分類が試みられているが、ここでは代表的なクラスの概要を説明する。
=== クラス A: ロドプシン様受容体 ===
=== クラス C: 代謝型グルタミン酸受容体 ===
 [[代謝型グルタミン酸受容体]]の他に、[[GABAB受容体|GABA<sub>B</sub>受容体]]、[[カルシウム感知受容体]]、[[味覚受容体]]がこのクラスに含まれる。N末端側の細胞外領域に[[Venus flytrapドメイン|Venus flytrap(VFT)ドメイン]]を持ち<ref><pubmed> 10224098 </pubmed></ref>、さらに、[[GABA]]、さらに、GABA<sub>B</sub>受容体以外は[[システインリッチドメイン|システインリッチ(CRD)ドメイン]]構造を持つ<ref><pubmed> 24305054 </pubmed></ref>。細胞外領域に結合する生理的リガンド(orthosteric ligand)に加えて、膜貫通領域部位に結合し受容体の活性状態を変化させる[[アロステリックリガンド]](allosteric ligand)を持つ受容体も報告されている<ref><pubmed> 23903222 </pubmed></ref>。
=== クラス F: Frizzled/Smoothened ===

案内メニュー