差分

移動先: 案内検索

349 バイト追加, 2011年10月26日 (水) 19:17
編集の要約なし
[[2光子レーザー走査顕微鏡]]
 
[[ニッスル染色]]
 
[[二分脊椎]]
 
[[ニューレキシン]]
 
[[ニューレグリン]]
 
[[ニューロスフェア]]
 
[[ニューロピリン]]
 
[[ニューロピル]]
 
[[ニューロブラスト]]
 
[[ニューロリギン]]
 
[[ニワトリ]]
 
[[認知]]
 
[[認知言語学]]
 
[[認知的構え]]
 
 
ニューレグリン(Neuregulin; NRG)は 上皮成長因子(Epidermal Growth Factor;EGF)様の活性ドメインを有する蛋白で、細胞の増殖、成長、分化に影響を発揮する。通常、膜結合型の大きな前駆体分子として合成され、細胞膜表面にアンカーしている。神経伝達や細胞損傷、細胞ストレスなどの刺激に反応して、細胞はADAMなどの膜結合型メタロプロテアーゼが活性化し、NRG前駆体の細胞外ドメインを切断(シェデイング)して、その活性ドメインを放出する。多くの場合、このシェデイングが活性発揮の律速となっている。

案内メニュー