神経節

提供: 脳科学辞典
これは、このページの承認済み版であり、最新版でもあります。
移動: 案内検索

大石高生、*高田 昌彦
京都大学 霊長類研究所統合脳システム分野
DOI:10.14931/bsd.6048 原稿受付日:2015年6月27日 原稿完成日:2015年6月30日
担当編集委員:上口 裕之(独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター)
*:責任著者

英語名:ganglion 独:Ganglion 仏:ganglion

 神経節とは、末梢神経系における神経細胞体の集合である。その機能により、感覚神経節と自律神経節に大別される。

図. 神経節とそれを構成する細胞の分類

神経節とは

 神経節とは、末梢神経系における神経細胞体の集合である。その機能により、感覚神経節自律神経節に大別される。この項では脊椎動物の神経節を取り上げ、無脊椎動物中枢神経系をなす神経節については扱わない。

感覚神経節

 感覚神経節には、末梢で感覚刺激を受容した場合に、その情報を中枢に伝達する感覚ニューロン細胞体が集合している。感覚ニューロンは、形態学的には双極性ニューロンあるいは偽単極性ニューロンである。偽単極性ニューロンは、一本の軸索が細胞体から出てしばらくしたところで二本に分かれ、末梢端が樹状突起となる。感覚神経節には、三叉神経節膝神経節前庭神経節らせん神経節舌咽神経上神経節下神経節迷走神経上神経節下神経節脊髄後根神経節が含まれる。

表1. 感覚神経節
神経節 別名 求心性神経 位置 感覚 中枢の終止
三叉神経節 半月神経節 眼神経三叉神経 側頭骨岩様部の錐体の尖端部上 前頭部、角膜眼瞼)、皮膚鼻腔副鼻腔粘膜)の体性感覚 三叉神経主感覚核、三叉神経脊髄路核
上顎神経(三叉神経) 上顎部、上顎の、上唇の粘膜、頬粘膜、口蓋粘膜、上顎洞の体性感覚 三叉神経主感覚核、三叉神経脊髄路核
下顎神経(三叉神経) 舌(前方2/3)、下顎部、下顎の歯、下唇の粘膜、頬粘膜の一部、外耳の一部の体性感覚 三叉神経主感覚核、三叉神経脊髄路核
膝神経節 顔面神経 顔面神経の最初の彎曲部(顔面神経膝) 外耳道と耳介の後ろの小領域の体性感覚 三叉神経主感覚核、三叉神経脊髄路核
舌の前方2/3の味覚 孤束核の吻側部
前庭神経節 スカルパ神経節 前庭神経内耳神経 蝸牛近傍 平衡覚 前庭神経核群、小脳片葉等
らせん神経節 蝸牛神経(内耳神経) 蝸牛内部 聴覚 腹側蝸牛神経核、背側蝸牛神経核
舌咽神経上神経節 上舌咽神経節 舌咽神経 頸静脈孔の上部 口腔咽頭の部分、口蓋舌弓、舌の後方部、耳介の後ろの小領域、耳管、鼓室などの体性感覚 三叉神経脊髄路核
舌咽神経の下神経節 下舌咽神経節 舌咽神経 頸静脈孔の下部 口腔咽頭の部分、口蓋舌弓、舌の後方部、頸動脈小体などの内臟性感覚 孤束核の尾側部
舌の後方1/3の味覚 孤束核の吻側部
迷走神経の上神経節 頸静脈神経節 迷走神経 頸静脈孔の上部 耳介の後ろ、外耳道後壁の体性感覚 三叉神経脊髄路核
迷走神経の下神経節 節状神経節 迷走神経 頸静脈孔の下部 喉頭蓋、喉頭部咽頭、声門下腔、胃腸管、呼吸系、心臓などの内臓性感覚 孤束核の尾側部
喉頭蓋の味覚 孤束核の吻側部
脊髄後根神経節 脊髄神経節後根神経節 脊髄後根神経 脊髄後根 皮膚および腱、筋の体性感覚 脊髄の後角、延髄後索核

自律神経節

 自律神経節内では、中枢神経系に細胞体がある節前ニューロンと、末梢の筋肉などを支配する節後ニューロンシナプスを形成している。自律神経節には交感神経系のものと、副交感神経系のものとがある。交感神経節前ニューロン副交感神経節前ニューロン副交感神経節後ニューロンおよび汗腺を支配する交感神経節後ニューロンでは、アセチルコリンが神経伝達物質として用いられる。それ以外の交感神経節後ニューロンでは、ノルアドレナリンが神経伝達物質として用いられる。交感神経系の神経節には、交感神経幹神経節自律神経叢神経節が含まれる。副交感神経系の神経節には、毛様体神経節翼口蓋神経節顎下神経節耳神経節内臓を支配する副交感神経節終末神経節壁内神経節)が含まれる。

表2. 自律神経節
神経節 別名 脳神経・脊髄神経 位置 節前線維の起始部位 節後線維の支配
毛様体神経節 動眼神経 眼動脈の外側方で、視神経外直筋の間 中脳エディンガー・ウェストファル核及びその周辺部 副交感性:瞳孔収縮筋毛様体筋
翼口蓋神経節 中間神経顔面神経 翼口蓋窩で、上顎神経の下内側 上唾液核 副交感性:涙腺
顎下神経節 中間神経(顔面神経) 舌骨舌筋の前縁付近で、舌神経顎下腺の間 上唾液核 副交感性:顎下腺、舌下腺
耳神経節 舌咽神経 卵円孔直下で、下顎神経の内側 下唾液核 副交感性:耳下腺
交感神経幹神経節 脊椎傍神経節上頸神経節など、20あまりの神経節がつながったもの
星状神経節頸胸神経節)は、下頸神経節と第1胸神経節が融合したもの
脊髄神経 脊椎の両側を縦走 胸髄腰髄側角(Th1-L2) 交感性:胸部内臓、皮膚など
自律神経叢神経節 脊椎前神経節腹腔神経節 脊髄神経 自律神経叢中 胸髄、腰髄の側角(Th1-L2) 交感性:腹部内臓など
終末神経節壁内神経節 副交感神経系の神経節 迷走神経、脊髄神経 自律神経叢中、内臓周囲、内臓壁内 迷走神経背側運動核延髄疑核仙髄の側角(S2-S4) 副交感性:内臓、皮膚など

関連項目

参考文献

  1. R.A. Harvey, C. Krebs, J. Weinberg, E. Akesson 著、監訳 白尾智明
    イラストレイテッド神経科学
    丸善出版、2013.
  2. P. F. A. Martinez Martinez 著、水野 昇、岩堀修明、小西 昭 訳
    神経解剖学
    南光堂、1982.
  3. 平澤興、岡本道雄 著
    解剖学 2 脈管学・神経系 改訂第10版
    金原出版、1969.