脳室

提供: 脳科学辞典
これは、このページの承認済み版であり、最新版でもあります。
移動: 案内検索

藤山 文乃(執筆者)
同志社大学 脳科学研究科
赤沢 年一(執筆協力)
DOI:10.14931/bsd.1763 原稿受付日:2012年8月15日 原稿完成日:2012年9月20日
担当編集委員:藤田 一郎(大阪大学 大学院生命機能研究科)

英:cerebral ventricle

図1.脳室の展開図
文献[1] p183より改変して転載
図2.脳室と脳脊髄液
文献[1] p181より改変して転載

 脳脊髄液が産生される脳内の腔。ヒトの場合、左右一対の側脳室と、正中に第三脳室第四脳室が一つずつの、計四つの脳室がある(図1)。これらは相互に連絡があり、くも膜下腔へと接続されることで、脳脊髄液は脳室内を循環する。

側脳室

図3.脈絡叢(サル)
H-E染色。 神戸大学医学部寺島俊雄教授 恵与
文献[1] p184より許可を得て転載

 側脳室(lateral ventricle)とは、左右の大脳半球の内部に対称性に存在する一対の空間(脳室)である。側脳室の脈絡叢で作られた脳脊髄液は、内側の室間孔モンロー孔、Monro foramen)を通じて第三脳室に入り、第三脳室の脈絡叢で作られた分とともに中脳水道から第四脳室に向かう。

第三脳室

 間脳の正中部に位置する脳室で、室間孔(モンロー孔)によって左右の側脳室に接続し、中脳水道により第四脳室に通じる。第三脳室(third ventricle)の壁は間脳が占め、このうち側壁は視床、腹壁と側腹壁は視床下部に接する。視床の増殖により左右の視床が融合して形成された視床間橋が第三脳室を通り抜けている。

第四脳室

 菱脳(後脳)中にあり、中脳水道によって第三脳室に接続する。中央の正中孔(マジャンディー孔)と左右一対の外側孔(ルシュカ孔)でくも膜下腔と交通する。この部のクモ膜小脳の尾側面で深く折れ込まないで脊髄のあたりまでなだらかに延びているので、クモ膜下腔は延髄後面と小脳の間で若干広がっている。この部分を小脳延髄槽と呼び、ルシュカ孔・マジャンディ孔から出た脳脊髄液が流れ込む。

第四脳室(fourth ventricle)の「底」は菱形窩と呼ばれる。菱形と呼ばれるとおり、正中と左右軸沿いに対角線を持つ四角形と見ることができる。そのとき上の2辺は上小脳脚の内側縁、下の2辺は後索核の吻側縁である。第四脳室は、この「底」である菱形窩と、菱形窩の周りから小脳に延びる上髄帆下髄帆の間でテントのような形になっている[1]。上髄帆は左右の上小脳脚の間に張られた幕のような薄い板で、中脳水道が第四脳室に開く部分までを隙間なく覆っている。下髄帆は左右の下小脳脚の間にある薄い板だが、小脳に接する部分で外側に広がり、その先端は外側口(ルシュカ孔)と呼ばれる開口になっている [2]

水頭症

 脳脊髄液の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄液が頭蓋腔内に貯まり、脳室が正常より大きくなる疾患。脳脊髄液による脳の圧迫が、脳機能に影響を与える。おもに乳幼児に多くみられる。

 原因は、先天奇形に伴うもの、脳の器質的疾患によるもの、感染症トキソプラズマが有名)によるものがある。症状としては、脳圧が上がることによる頭痛嘔吐視神経の圧迫による視力の低下や異常、失明がある。これらの症状が気圧の変化に影響されることがある。この時の視力障害は、頭蓋内圧亢進症状と同様に初期にはあまり自覚されず、一過性反復性の視力障害として見られることが多い。この状態が長く続くと視神経萎縮を引き起こし、失明することがある。

 治療法は、脳室と腹腔とを繋ぐように皮下にチューブを通す脳室―腹腔短絡術(V-P shunt)を行うのが一般的である。その他に、脳室と心房とを繋ぐ脳室―心房短絡術(V-A shunt)、腰椎硬膜下腔と腹腔とを繋ぐ腰椎―腹腔短絡術(L-P shunt)も行われる [3]

血液脳関門と脳室周囲器官

図4.脳弓下器官から室傍核への投射終末(ラット)
スケールは 100μm。ビオチン・デキストランのDAB反応。暗視野顕微鏡像。
佐賀大学医学部河野史教授 恵与
図5.脳弓下器官から終板器官への投射終末(ラット)
スケールは 100μm。ビオチン・デキストランのDAB反応。暗視野顕微鏡像。
佐賀大学医学部河野史教授 恵与

 脳室内および脳組織を満たす脳脊髄液と、血液の間では物質交換を制限する機構があり、血液脳関門blood-brain barrier, BBB)と呼ばれる。脳室の周囲には脳室周囲器官という神経内分泌系や自律神経の中枢が存在するが、血液脳関門は脳室周囲器官には存在しない。これは、これらの組織が分泌するホルモンなどの物質を全身に運ぶ必要があるためである。視床下部には終板器官 (organum vasculosum of the lamina terminalis, OVLT)、脳弓下器官 (subfornical organ, SFO)、視索前野 (preoptic area)がありお互いにネットワークを作りながら機能している。例えば室傍核(paraventricular nucleus:PVN)は第三脳室に面しており、バゾプレッシンオキシトシンを産生する神経分泌ニューロン軸索下垂体後葉に投射し, 神経内分泌系の調節を担っている [4] [5]

関連項目

参考文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 寺島俊雄
    神経解剖学講義ノート
    金芳堂
  2. カーペンター
    神経解剖学 Malcolm B. Carpenter, Jerome Sutin,
    西村書店
  3. 編集 武内一夫
    標準脳神経外科学
    医学書院
  4. M Hamamura, T Onaka, K Yagi

    Parvocellular neurosecretory neurons: converging inputs after saphenous nerve and hypovolemic stimulations in the rat.
    Jpn. J. Physiol.: 1986, 36(5);921-33 [PubMed:3031348] [WorldCat.org]

  5. G Leng, S M Luckman, R E Dyball, S Dye, M Hamamura

    Inputs from the nucleus tractus solitarii to the magnocellular neurosecretory system.
    Regul. Pept.: 1993, 45(1-2);103-7 [PubMed:8511332] [WorldCat.org]