陳述記憶・非陳述記憶

提供: 脳科学辞典
非宣言的記憶から転送)

これは、このページの承認済み版であり、最新版でもあります。
移動先: 案内検索

鈴木 麻希
京都産業大学 コンピュータ理工学部 インテリジェントシステム学科
藤井 俊勝
東北福祉大学 感性福祉研究所 & 健康科学部
DOI:10.14931/bsd.2566 原稿受付日:2012年10月1日 原稿完成日:2013年9月2日
担当編集委員:入來 篤史(独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター)

英語名:declarative memory・non-declarative memory

同義語:宣言的記憶・非宣言的記憶

 陳述記憶、非陳述記憶とは、長期記憶をその内容から区分した記憶の分類法である(図1)[1]。陳述記憶とはイメージや言語として意識上に内容を想起でき、その内容を陳述できる記憶である。陳述記憶はさらにエピソード記憶意味記憶に分類される。一方、非陳述記憶とは意識上に内容を想起できない記憶で、言語などを介してその内容を陳述できない記憶である。非陳述記憶には手続き記憶プライミング古典的条件付け非連合学習などが含まれる。それぞれの種類の記憶に応じて、心理学的・神経解剖学的に別々の記憶システムが働くと考えられている。ここでは、陳述記憶、非陳述記憶に含まれるさまざまな種類の記憶に関する概説と、その神経基盤について述べる。

図1. 記憶の分類
Squire & Zola[1]を参考に作成。

陳述記憶

 陳述記憶とは、イメージや言語として意識上に内容を想起でき、その内容を陳述できる記憶である。宣言的記憶とも呼ばれる。陳述記憶はさらにエピソード記憶と意味記憶に分類される[2]

エピソード記憶

 エピソード記憶とは、個人が経験した出来事に関する記憶で、例えば、昨日の夕食をどこで誰と何を食べたか、というような記憶に相当する。エピソード記憶は、その出来事を経験そのものと、それを経験した時の様々な付随情報(時間・空間的文脈、そのときの自己の身体的・心理的状態など)の両方が記憶されていることを特徴とする。臨床神経学領域において、単に記憶障害という場合には、通常はエピソード記憶の選択的障害を指している。

意味記憶

 意味記憶は知識に相当し、言語とその意味(概念)、知覚対象の意味や対象間の関係、社会的約束など、世の中に関する組織化された記憶である。例えば、「ミカン」が意味するもの(大きさ、色、形、味や、果物の一種であるという知識など)に関する記憶が相当する。通常同じような経験の繰り返しにより形成され、その情報をいつ・どこで獲得したかのような付随情報の記憶は消失し、内容のみが記憶されたものと考えられる。

非陳述記憶

 非陳述記憶とは、意識上に内容を想起できない記憶で、言語などを介してその内容を陳述できない記憶である。非宣言的記憶とも呼ばれる。非陳述記憶には手続き記憶プライミング古典的条件付け非連合学習などが含まれる。処理効率(正確性や速度)の向上として、行為の中に表現される。

手続き記憶

 手続き記憶(運動技能、知覚技能、認知技能など・習慣)は、自転車に乗る方法やパズルの解き方などのように、同じ経験を反復することにより形成される。一般的に記憶が一旦形成されると自動的に機能し、長期間保たれるという特徴を持つ。

プライミング

 プライミングとは、以前の経験により、後に経験する対象の同定を促進(あるいは抑制)される現象を指し、直接プライミング間接プライミングがある。

古典的条件付け

 古典的条件付けとは、梅干しを見ると唾液が出るなどのように、経験の繰り返しや訓練により本来は結びついていなかった刺激に対して、新しい反応(行動)が形成される現象をいう。

非連合学習

 非連合学習とは、一種類の刺激に関する学習であり、同じ刺激の反復によって反応が減弱したり(慣れ)、増強したり(感作)する現象である。

神経基盤

 複数の記憶システム(図1)の存在を支持する証拠は、まず脳の特定部位の損傷により記憶障害を呈した症例報告により示された。例えば内側側頭葉海馬海馬傍回内嗅皮質周嗅皮質海馬傍皮質)-を損傷した健忘症患者では、エピソード記憶の障害が顕著である一方、他の記憶(意味記憶、手続き記憶、プライミングなど)に障害はみられない。こうしたエピソード記憶の選択的障害(健忘症候群)を引き起こす病巣としては、内側側頭葉(海馬・海馬傍回)の他に、間脳視床乳頭体)、前脳基底部が数多く報告されてきた[3][4][5]。その他、脳梁膨大部後域脳弓の損傷による健忘も報告されている[6][7]。これらの脳部位の多くはPapez回路と呼ばれる、海馬-脳弓-乳頭体-乳頭体視床路視床前核帯状回-海馬傍回-海馬という閉鎖回路を構成しており、エピソード記憶に重要な役割を果たしていると考えられている[8]
 意味記憶に関わる神経基盤としては、特に側頭葉の重要性が指摘されている。例えば側頭葉前方部の限局性萎縮により、単語、物品、人物などの意味理解が選択的に障害される意味認知症が生じる[9]。左右差を伴い、左側頭葉前方部の萎縮では語義の障害が、右側頭葉前方部の萎縮では人物の意味記憶が障害されることが多い。その他、脳損傷後に特定の意味カテゴリー(例:動物)の意味理解が選択的に障害される(意味記憶のカテゴリー特異性障害)ことが報告されており[10]、近年の脳機能画像研究により特定の脳部位と意味カテゴリーの関係性が明らかになりつつある[11]
 非陳述記憶のうち手続き記憶には、大脳基底核小脳が中心的な役割を果たすと考えられている。例えばパーキンソン病大脳基底核黒質-線条体系の損傷)や小脳変性症患者において手続き記憶が障害されるという報告が数多くなされてきた[12][13]。また、手続き記憶の内容(運動技能・知覚技能・認知技能)に応じて、前頭前野補足運動野など複数の皮質領域の関与が指摘されている[14]

関連語

参考文献

  1. 1.0 1.1 L R Squire, S M Zola

    Structure and function of declarative and nondeclarative memory systems.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.: 1996, 93(24);13515-22 [PubMed:8942965] [WorldCat.org]

  2. E Tulving
    Episodic and semantic memory.
    In: E Tulving, W Donaldson, eds.
    Organization of memory.
    Academic Press(New York): 1972, pp.381-402
  3. T Fujii, M Moscovitch, L Nadel
    Memory consolidation, retrograde amnesia, and the temporal lobe.
    In: F Boller, J Grafman, L S Cermak, eds.
    Handbook of Neuropsychology, 2nd ed. Vol. 2: Memory and its disorders.
    Elsevier (Amsterdam): 2000, pp. 223-50
  4. Ysbrand D Van der Werf, Philip Scheltens, Jaap Lindeboom, Menno P Witter, Harry B M Uylings, Jelle Jolles

    Deficits of memory, executive functioning and attention following infarction in the thalamus; a study of 22 cases with localised lesions.
    Neuropsychologia: 2003, 41(10);1330-44 [PubMed:12757906] [WorldCat.org]

  5. T Fujii
    The basal forebrain and episodic memory.
    In: E Dere, A Easton, L Nadel, J P Huston, eds.
    Handbook of Behavioral Neuroscience, Vol 18. Handbook of Episodic Memory.
    Elsevier (Amsterdam): 2008, pp. 343-62
  6. E Valenstein, D Bowers, M Verfaellie, K M Heilman, A Day, R T Watson

    Retrosplenial amnesia.
    Brain: 1987, 110 ( Pt 6);1631-46 [PubMed:3427404] [WorldCat.org]

  7. W H SWEET, G A TALLAND, F R ERVIN

    Loss of recent memory following section of fornix.
    Trans Am Neurol Assoc: 1959, 84;76-82 [PubMed:13836082] [WorldCat.org]

  8. AR Mayes
    Effects on memory of Papez circuit lesions.
    In: F Boller, J Grafman, eds.
    Handbook of neuropsychology, 2nd ed. Vol 2.
    Elsevier(Amsterdam): 2000, pp.111-31
  9. JS Snowden, PJ Goulding, D Neary
    Semantic dementia: A form of circumscribed cerebral atrophy.
    Behavioural Neurology: 1989, 2(3);167-82
  10. E K Warrington, T Shallice

    Category specific semantic impairments.
    Brain: 1984, 107 ( Pt 3);829-54 [PubMed:6206910] [WorldCat.org]

  11. Alex Martin

    The representation of object concepts in the brain.
    Annu Rev Psychol: 2007, 58;25-45 [PubMed:16968210] [WorldCat.org] [DOI]

  12. A Pascual-Leone, J Grafman, K Clark, M Stewart, S Massaquoi, J S Lou, M Hallett

    Procedural learning in Parkinson's disease and cerebellar degeneration.
    Ann. Neurol.: 1993, 34(4);594-602 [PubMed:8215247] [WorldCat.org] [DOI]

  13. J A Saint-Cyr, A E Taylor, A E Lang

    Procedural learning and neostriatal dysfunction in man.
    Brain: 1988, 111 ( Pt 4);941-59 [PubMed:2969762] [WorldCat.org]

  14. 山鳥重
    記憶の神経心理学
    医学書院(東京):2002