チロシンリン酸化

提供: 脳科学辞典
これは、このページの承認済み版であり、最新版でもあります。
移動: 案内検索

林 崇
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 病態生化学研究部 細胞生化学研究室
DOI:10.14931/bsd.353 原稿受付日:2013年4月10日 原稿完成日:2013年4月13日
担当編集委員:林 康紀(独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター)

英:tyrosine phosphorylation 英略語:PY、P-Tyr 独:Tyrosin Phosphorylierung 羅:phosphorylation tyrosine

 真核生物に存在するタンパク質の細胞内領域チロシン残基に起こる可逆的リン酸基付加反応。チロシンリン酸化の状態は、チロシンリン酸化酵素(チロシンキナーゼ、protein tyrosine kinase、PTK)およびチロシン脱リン酸化酵素(チロシンホスファターゼ、protein tyrosine phosphatase、PTP)の活性のバランスにより制御される。高等生物の神経系において、チロシンリン酸化は、様々な神経発生神経可塑性の過程で、タンパク質の活性や局在、タンパク質間の結合、イオンチャンネルの性質、細胞内情報伝達系等を制御することが知られている。
図 チロシンリン酸化反応

反応

 タンパク質リン酸化は、最もよく見られるタンパク質翻訳後修飾機構である。チロシンリン酸化酵素は、アデノシン三リン酸(ATP)のγ位の高エネルギーリン酸基を、基質チロシン残基側鎖にある水酸基に移動させ、リン酸エステル化により共有結合させる(図)。一般に、リン酸化に伴って、基質チロシン残基部位に負電荷が導入される。チロシン残基前後のアミノ酸配列により、チロシンキナーゼの基質特異性が決まる。チロシンホスファターゼは、チロシンキナーゼと比較してより基質特異性が広く、リン酸化セリンスレオニンをも基質とするものも存在する。タンパク質中のリン酸化残基の99%以上はセリンとスレオニンであるが、0.1%に満たないチロシンのリン酸化は生物学的に重要な役割を果たす。

チロシンキナーゼ

SH2 domain
1lkkA SH2 domain.png
Crystallographic structure of the SH2 domain. The structure consists of a large beta sheet (green) flanked by two alpha-helices (orange and blue)[1].
Identifiers
Symbol SH2
Pfam PF00017
InterPro IPR000980
SMART SH2
PROSITE PDOC50001
SCOP 1sha
OPM protein 1xa6
CDD cd00173
SH3 domain
1shg SH3 domain.png
Ribbon diagram of the SH3 domain, alpha spectrin, from chicken (PDB accession code 1SHG), colored from blue (N-terminus) to red (C-terminus).
Identifiers
Symbol SH3_1
Pfam PF00018
Pfam clan CL0010
InterPro IPR001452
SMART SM00326
PROSITE PS50002
SCOP 1shf
CDD cd00174
 1979年Tony Hunterらにより、癌遺伝子産物V-Srcおよび癌原遺伝子産物C-Srcがチロシンリン酸化活性を持つことが発見された[2]。これが最初のチロシンキナーゼの報告例であり、以後、多くのチロシンキナーゼが同定された。

 現在では真核生物ゲノムの全遺伝子の約2%はセリン・スレオニンキナーゼおよびチロシンキナーゼをコードする事が知られている。細菌酵母にはチロシンキナーゼは存在せず、線虫 C. elegans(19,100遺伝子)には全キナーゼ数454(2.4%)の内チロシンキナーゼは90種、ショウジョウバエ D. melanogaster(13,600遺伝子)には全キナーゼ数239(1.8%)の内チロシンキナーゼは32種、ヒト H. sapiens(23,000遺伝子)には全キナーゼ数518(2.2%)の内チロシンキナーゼは90種が存在する。ただしヒトの場合キナーゼ518種の内、約50種には活性がなく、また106種は偽遺伝子であると考えられる。

 構造的に、膜貫通領域を持つ受容体型と膜貫通領域を持たない非受容体型とに大別される(表1)。ヒトには58種の受容体型チロシンキナーゼと32種の非受容体型チロシンキナーゼが存在する。受容体型は細胞膜上に、非受容体型は細胞質に存在する。

受容体型チロシンキナーゼ

 受容体型チロシンキナーゼは、細胞外のリガンド結合ドメイン、細胞内のチロンシンキナーゼドメイン、そして両者をつなぐ膜貫通ドメインを持つ。神経系で重要な役割を果たすものとして、TrkATrkBTrkCFGF受容体インスリン受容体Eph受容体などがある。リガンド結合ドメインへのリガンド結合により、二量体化したチロシンキナーゼが活性化され、さらに下流の細胞外シグナル調節キナーゼ (extracellular signal-regulated kinase (ERK)/Mitogen-activated Protein Kinase (MAPK)系、ホスホイノシチド-3キナーゼ (PI3K)/Akt系、ホスホリパーゼCγ (PLCγ)/Ca2+系等のシグナル伝達を制御している。キナーゼドメイン中には自己リン酸化部位およびATP結合部位を含み、自己リン酸化によりキナーゼ活性を調節している。

 詳細は受容体型チロシンキナーゼの項目参照。

非受容体型チロシンキナーゼ

 非受容体型チロシンキナーゼは、分子構造として細胞外領域をもたず、細胞内領域にチロシンキナーゼドメインをもつ。受容体型チロシンキナーゼと異なり、非受容体型チロシンキナーゼには、直接的に結合するリガンドはない。上位の制御因子は細胞膜上に存在する種々の受容体タンパク質であり、非受容体型チロシンキナーゼは、様々な膜受容体と会合して、膜受容体から細胞内への情報伝達を担う。受容体型チロシンキナーゼと同様に、非受容体型チロシンキナーゼもキナーゼドメイン中には自己リン酸化部位およびATP結合部位を含み、自己リン酸化によりキナーゼ活性を調節している。

 代表的な非受容体型チロシンキナーゼとしてSrcファミリーチロシンキナーゼがある。現在までにSrc、YesFynFgrLynLckHckBlkFrkの9種が同定されており、脳では、Src、Yes、Fyn、Lyn、Lckが高発現を示す。発現部位ごとにスプライシング多様性がみられるものもある。Srcファミリーチロシンキナーゼの場合、N末端領域にミリストイル化部位やパルミトイル化部位を有し、これらの脂肪酸結合により細胞膜に付着し、膜近辺に局在する様になる。Srcファミリーチロシンキナーゼが会合する受容体に関しては、Cadherin-related neuronal receptor (CNR)/プロトカドヘリンファミリーに属する分子がFynと会合しシナプス機能を制御する、等の研究報告がある[3]

 脳神経系で機能する他の非受容体型チロシンキナーゼには、SrcファミリーチロシンキナーゼC末端のチロシン残基をリン酸化して不活性化するC-Src tyrosine kinase (Csk)、細胞接着に関わるFocal Adhesion Kinase (FAK)およびPyk2FAKファミリーチロシンキナーゼ)、神経突起伸長に関わるFes/FpsおよびFer(Fesファミリーチロシンキナーゼ)があり、それぞれ脳神経機能に重要な役割を担っている。

 多くの非受容体型チロシンキナーゼには、Src Homology 2 (SH2)ドメインおよびSH3ドメインとよばれるドメイン構造が存在する。SH2ドメインはリン酸化チロシン残基(pTyr)を、SH3ドメインはプロリンリッチ領域(X-Pro-X-X-Pro)を、それぞれ認識して結合することで、細胞内情報伝達系におけるタンパク質-タンパク質結合を制御する。これらのドメインは構造的に保存されたアミノ酸配列を持ち、Srcファミリーチロシンキナーゼにおいて最初に見出された。更に、AblFesSyk/Zap70、TecAckCskSrmRak等の非受容体型チロシンキナーゼや、ホスファチジルイノシトール-3キナーゼ (PI3K)、ホスホリパーゼC (PLC)-γ等のセリン・スレオニンキナーゼ、またGrb2Nck等のアダプタータンパク質もこれらのドメイン構造を持つことが明らかになった。SH2ドメインは、約100アミノ酸残基の領域であり、2つのαヘリックスと7つのβシートから構成される。SH3ドメインは、約60アミノ酸残基の領域であり、5つないし6つのβシートからなる典型的なβバレル構造をもつ。

表1. チロシンキナーゼの一覧 Wikipediaより改変
受容体型チロシンキナーゼ
成長因子受容体 上皮成長因子受容体ファミリー EGFR, ERBB2, ERBB3, ERBB4
インスリン受容体ファミリー IGF1R, INSR, INSRR
PDGF受容体ファミリー CSF1R, FLT3, KIT, PDGFR (PDGFRA, PDGFRB)
FGF受容体ファミリー FGFR1, FGFR2, FGFR3, FGFR4
VEGF受容体sファミリー VEGFR1, VEGFR2, VEGFR3, VEGFR4
HGF受容体ファミリー MET, RON
Trk受容体ファミリー NTRK1, NTRK2, NTRK3
Eph受容体ファミリー EPHA1, EPHA2, EEPHA3, EPHA4, EPHA5, EPHA6, EPHA7, EPHA8, EPHB1, EPHB2, EPHB3, EPHB4, EPHB5, EPHB6, EPHX
LTK受容体ファミリー LTK, ALK
TIE受容体ファミリー TIE, TEK
ROR受容体ファミリー ROR1, ROR2
DDR受容体ファミリー DDR1, DDR2
PTK7受容体ファミリー PTK7
RYK受容体ファミリー RYK
MuSK受容体ファミリー MUSK
ROS受容体ファミリー ROS1
AATYK受容体ファミリー AATYK, AATYK2, AATYK3
AXL受容体ファミリー AXL, MER, TYRO3
RET受容体ファミリー RET
未分類 STYK1
非受容体型チロシンキナーゼ
ABLファミリー ABL1, ARG
ACKファミリー ACK1, TNK1
CSKファミリー CSK, MATK
FAKファミリー FAK, PYK2
FESファミリー FES, FER
FRKファミリー FRK, BRK, SRMS
JAKファミリー JAK1, JAK2, JAK3, TYK2
SRC-Aファミリー SRC, FGR, FYN, YES1
SRC-Bファミリー BLK, HCK, LCK, LYN
TECファミリー TEC, BMX, BTK, ITK, TXK
SYKファミリー SYK, ZAP70


チロシンホスファターゼ

 チロシンホスファターゼには、107種が存在する。チロシンキナーゼと同様に、チロシンホスファターゼは、膜貫通領域を持つ受容体型チロシンホスファターゼおよび膜貫通領域を持たない非受容体型チロシンホスファターゼに大別される[4](表2)。チロシンキナーゼ同様に、チロシンホスファターゼも、受容体型は細胞膜上に、非受容体型は細胞質に存在する。チロシンホスファターゼはチロシンキナーゼと違いその基質特異性は低く、リン酸化チロシンを含む多くのタンパク質を認識してそれぞれ脱リン酸化する。神経発生の過程における神経接着軸索の伸長とガイダンス シナプス形成シナプス可塑性の調節におけるチロシンホスファターゼの機能が明らかにされている。

受容体型チロシンホスファターゼ

 全ての受容体型チロシンホスファターゼは、細胞外ドメイン、膜貫通ドメイン、細胞内の1つあるいは2つのホスファターゼドメイン(D1およびD2ドメイン)を持つ。細胞外には、免疫グロブリンドメインフィブロネクチンⅢ型ドメインの繰り返し配列を持つ例が知られる。

 細胞内のD1およびD2ドメインはそれぞれ280個程のアミノ酸残基からなり、高度に保存されている。この内、細胞膜に近い側のD1ドメインのみがホスファターゼ活性を持ち、その活性中心配列は(I/V)HCXAGXXR(S/T)Gである。一方、C末端側のD2ドメインはホスファターゼ活性を持たず、様々な結合タンパク質と会合する[5]

 神経系で重要な役割を果たすものとして、受容体型ではLARPTPσPTPδPTPζ等がある。受容体型チロシンホスファターゼのリガンド分子に付いては未だ不明な点が多いが、これまでに、

  1. ヘパラン硫酸プロテオグリカンであるシンデカンがLARと結合してそのホスファターゼ活性を抑制し、軸索伸長を制御する[6]
  2. プレイオトロフィンがリガンドとしてPTPζに結合し、その活性を低下させて基質であるβカテニンのチロシンリン酸化を亢進し、神経細胞移動を制御する[7][8]
  3. シナプス前膜側のPTPδがシナプス後膜側の精神疾患原因遺伝子IL1RAPL1trans-synapticに結合し、シナプス形成を促進する[9]

 等の研究報告が知られている。

非受容体型チロシンホスファターゼ

 非受容体型チロシンホスファターゼは受容体型チロシンホスファターゼと異なり、膜貫通ドメインを持たず、1つのホスファターゼドメインとそのN末かC末側に様々なドメインを有する。神経系で重要な役割を果たすものとして、PTP1BPTENSTEPPTP-SLSHP1SHP-2PTPMEG等などがある[10]

 小脳において、PTPMEGがグルタミン酸受容体GluD2に結合し、AMPA型グルタミン酸受容体GluA2サブユニットのチロシンリン酸化状態を制御して、シナプス上のAMPA型グルタミン酸受容体発現数を調節することにより、長期抑圧に関与する、等の研究報告が知られている[11]

表2. チロシンホスファターゼ一覧 Wikipediaより改変。
クラスI Classical PTPs 受容体型チロシンホスファターゼ PTPRA, PTPRB, PTPRC, PTPRD, PTPRE, PTPRF, PTPRG, PTPRH, PTPRJ, PTPRK, PTPRM, PTPRN, PTPRN2, PTPRO, PTPRQ, PTPRR, PTPRS, PTPRT, PTPRU, PTPRZ1, PTPRZ2
非受容体型チロシンホスファターゼ PTPN1, PTPN2, PTPN3, PTPN4, PTPN5, PTPN6, PTPN7, PTPN9, PTPN11, PTPN12, PTPN13, PTPN14, PTPN18, PTPN20, PTPN21, PTPN22, PTPN23
VH1様ホスファターゼまたは二重特異性ホスファターゼ MAPK phosphatases (MKPs) DUSP1, DUSP2, DUSP4, DUSP5, DUSP6, DUSP7, DUSP8, DUSP9, DUSP10, DUSP16, MK-STYX
Slingshots SSH1, SSH2, SSH3
PRLs PTP4A1, PTP4A2, PTP4A3
CDC14s CDC14A, CDC14B, CDKN3, PTP9Q22
Atypical DSPs DUSP3, DUSP11, DUSP12, DUSP13A, DUSP13B, DUSP14, DUSP15, DUSP18, DUSP19, DUSP21, DUSP22, DUSP23, DUSP24, DUSP25, DUSP26, DUSP27, EMP2A, RNGTT, STYX
Phosphatase and tensin homologs (PTENs) PTEN, TPIP, TPTE, TNS, TENC1
Myotubularins MTM1, MTMR2, MTMR3, MTMR4, MTMR5, MTMR6, MTMR7, MTMR8, MTMR9, MTMR10, MTMR11, MTMR12, MTMR13, MTMR14, MTMR15
クラスII ACP1
クラスIII Cdc25, CDC25A, CDC25B, CDC25C
クラスIV Eyes absent homolog, EYA1, EYA2, EYA3, EYA4

生理機能

 チロシンリン酸化の神経機能における役割としては、シナプス前膜側からの神経伝達物質放出の調節、様々な電位依存性イオンチャネルおよびリガンド依存性イオンチャネルコンダクタンス開口確率の制御[12]グルタミン酸受容体をはじめとした多くのタンパク質分子のシナプスでの局在と輸送過程の制御が報告されている。更に、それらに伴い、神経可塑性と個体レベルの行動に変化がおこることが知られている。また、他の役割として、神経回路、神経筋接合部ミエリン構造の形成、樹状突起の形態形成や軸索伸長等の過程において、チロシンリン酸化依存的な制御が挙げられる[13]

関連項目

参考文献

  1. L Tong, T C Warren, J King, R Betageri, J Rose, S Jakes

    Crystal structures of the human p56lck SH2 domain in complex with two short phosphotyrosyl peptides at 1.0 A and 1.8 A resolution.
    J. Mol. Biol.: 1996, 256(3);601-10 [PubMed:8604142] [WorldCat.org] [DOI]

  2. Tony Hunter

    Tyrosine phosphorylation: thirty years and counting.
    Curr. Opin. Cell Biol.: 2009, 21(2);140-6 [PubMed:19269802] [WorldCat.org] [DOI]

  3. S Hamada, T Yagi

    The cadherin-related neuronal receptor family: a novel diversified cadherin family at the synapse.
    Neurosci. Res.: 2001, 41(3);207-15 [PubMed:11672833] [WorldCat.org]

  4. Nicholas K Tonks

    Protein tyrosine phosphatases: from genes, to function, to disease.
    Nat. Rev. Mol. Cell Biol.: 2006, 7(11);833-46 [PubMed:17057753] [WorldCat.org] [DOI]

  5. Smaragda Lamprianou, Sheila Harroch

    Receptor protein tyrosine phosphatase from stem cells to mature glial cells of the central nervous system.
    J. Mol. Neurosci.: 2006, 29(3);241-55 [PubMed:17085782] [WorldCat.org] [DOI]

  6. A Nicole Fox, Kai Zinn

    The heparan sulfate proteoglycan syndecan is an in vivo ligand for the Drosophila LAR receptor tyrosine phosphatase.
    Curr. Biol.: 2005, 15(19);1701-11 [PubMed:16213816] [WorldCat.org] [DOI]

  7. K Meng, A Rodriguez-Peña, T Dimitrov, W Chen, M Yamin, M Noda, T F Deuel

    Pleiotrophin signals increased tyrosine phosphorylation of beta beta-catenin through inactivation of the intrinsic catalytic activity of the receptor-type protein tyrosine phosphatase beta/zeta.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.: 2000, 97(6);2603-8 [PubMed:10706604] [WorldCat.org] [DOI]

  8. Harold Pariser, Pablo Perez-Pinera, Laura Ezquerra, Gonzalo Herradon, Thomas F Deuel

    Pleiotrophin stimulates tyrosine phosphorylation of beta-adducin through inactivation of the transmembrane receptor protein tyrosine phosphatase beta/zeta.
    Biochem. Biophys. Res. Commun.: 2005, 335(1);232-9 [PubMed:16105548] [WorldCat.org] [DOI]

  9. Tomoyuki Yoshida, Misato Yasumura, Takeshi Uemura, Sung-Jin Lee, Moonjin Ra, Ryo Taguchi, Yoichiro Iwakura, Masayoshi Mishina

    IL-1 receptor accessory protein-like 1 associated with mental retardation and autism mediates synapse formation by trans-synaptic interaction with protein tyrosine phosphatase δ.
    J. Neurosci.: 2011, 31(38);13485-99 [PubMed:21940441] [WorldCat.org] [DOI]

  10. S Paul, P J Lombroso

    Receptor and nonreceptor protein tyrosine phosphatases in the nervous system.
    Cell. Mol. Life Sci.: 2003, 60(11);2465-82 [PubMed:14625689] [WorldCat.org] [DOI]

  11. Kazuhisa Kohda, Wataru Kakegawa, Shinji Matsuda, Tadashi Yamamoto, Hisashi Hirano, Michisuke Yuzaki

    The δ2 glutamate receptor gates long-term depression by coordinating interactions between two AMPA receptor phosphorylation sites.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.: 2013, 110(10);E948-57 [PubMed:23431139] [WorldCat.org] [DOI]

  12. M J Davis, X Wu, T R Nurkiewicz, J Kawasaki, P Gui, M A Hill, E Wilson

    Regulation of ion channels by protein tyrosine phosphorylation.
    Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol.: 2001, 281(5);H1835-62 [PubMed:11668044] [WorldCat.org]

  13. Ania Dabrowski, Hisashi Umemori

    Orchestrating the synaptic network by tyrosine phosphorylation signalling.
    J. Biochem.: 2011, 149(6);641-53 [PubMed:21508038] [WorldCat.org] [DOI]