基底膜

提供: 脳科学辞典
これは、このページの承認済み版であり、最新版でもあります。
移動先: 案内検索

吉川 大和
東京薬科大学 薬学部
門谷 裕一
北里大学 医学部 医学科 医学部 医学科
野水 基義
東京薬科大学 薬学部
DOI:10.14931/bsd.2375 原稿受付日:2012年8月23日 原稿完成日:2012年9月22日
担当編集委員:河西 春郎(東京大学 大学院医学系研究科)

英:basement membrane, basal lamina

 電子顕微鏡の発達は、組織の細胞以外の空間である細胞外マトリックスに、基底膜、膠原線維弾性線維といった構造の存在を明らかにしてきた。そのなかで基底膜は上皮組織(内皮や中皮を含む)と結合組織の境界、筋細胞脂肪細胞および神経組織の周囲に見られるシート状の構造である。近年の研究により、基底膜は特異的な細胞外マトリックス分子によって形成されていることが明らかになっている。基底膜は、組織構造維持のための機械的な足場、物質の選択的透過性を司る障壁として働くのに加え、細胞の極性形成代謝・生存・増殖分化移動などとも深く関わる機能的な構造である。中枢神経では、血液-脳関門 (BBB: blood-brain-barrier)および血液-脳脊髄液関門(BCSFB: blood-CSF barrier)の形成とその機能にも関与している。また、脳室の近傍ではフラクトン(fractone)と呼ばれる基底膜様構造があり、これが成体脳の神経幹細胞にニッチを提供していると考えられている。

中枢神経系における基底膜の構造

 透過電子顕微鏡により観察される基底膜は3層構造からなり、上皮細胞実質細胞に近い部分から、比較的電子密度の低い透明板(lamina lucida)、電子密度が高い緻密板(lamina densa)、その外側の線維細網板(lamina fibroreticlularis)に区分される。このうち緻密板は様々な基底膜成分が共局在する部位で、通常20〜50 nm厚である。中枢神経組織や内皮の基底膜では最外層の線維細網板は認められないことが多い[1]。光学顕微鏡で基底膜を観察するには鍍銀等の特殊な組織染色か、基底膜成分に対する免疫組織化学によるのが一般的である。

 基底膜の主成分は、IV型コラーゲン (Type IV collagen)、ラミニン (laminin) 、ニドゲン (nidogen)、ヘパラン硫酸プロテオグリカン (HSPG) である[2]。これら分子間の相互作用の解析にもとづき、基底膜ではIV型コラーゲンがその骨格をなす網目構造を形成し、これにニドゲンを介したラミニンやヘパラン硫酸プロテオグリカンが組み込まれるというモデルが提唱されている[3]

中枢神経系における基底膜の分布

 神経管(neural tube)は、胚盤背側の外胚葉が溝状に陥没すると同時に溝の両側が伸び出し左右が接触・融合することによって形成される。この過程を通じて外胚葉の直下や神経管の周囲には連続した基底膜が観察される[4]

 成熟した中枢神経組織の実質最外層では、アストロサイトの突起(astrocyte endfeet)が層をなし、限界膠(glial limitation)を形成する。基底膜はこのアストロサイトの突起の層を裏打ちするように認められ、神経実質と軟膜とを隔てている (軟膜基底膜:pial basement membrane) [5]

 中枢神経系に出入りする血管は、軟膜の一部を伴って脳実質へ侵入する。血管の実質内への侵入に伴って血管壁平滑筋細胞が失われるため、やがて血管の周囲は内皮基底膜 (endothelial basement membrane) と軟膜基底膜の延長である脳実質基底膜(parenchymal basement membrane)の二層によって囲まれるようになる。さらに脳実質内に侵入すると両基底膜は融合し、この基底膜(composite basement membrane)は一面で血管内皮と他面でアストログリアの突起と接することになる。[5]

 フラクトン(fractone)は、脳実質内の毛細血管を取り巻く基底膜のみが脳室を覆う上衣(ependyma)に向かって枝分かれしながら伸び出した構造である[6]

 脈絡叢(choroid plexus)は血管に富む構造で脳脊髄液 (CSF: blood-cerebrospinal fluid) を産生する。脈絡叢は脳室内に突出しており、波うった脈絡叢上皮 (choroid plexus epithelium)とその直下を走る毛細血管網からなる。脈絡叢上皮、血管内皮ともに固有の基底膜をもち、両者が密接した部分では2重の基底膜が両者を隔てる。脈絡叢上皮以外の上衣は固有の基底膜を持たない。

中枢神経系における基底膜の構成成分

 組織を問わず全ての基底膜に共通して存在する基底膜の主成分に、IV型コラーゲン (Type IV collagen)、ラミニン (laminin) とニドゲン (nidogen)、ヘパラン硫酸プロテオグリカン (HSPG) がある[2]。これらには以下に述べるようなアイソフォームが存在し、その組み合わせにより組織や細胞に特異的な基底膜を形成する。各アイソフォームの分布は、論文以外にもTHE MATRIOME PROJECTに詳しく記載されている[7]

IV型コラーゲン

 IV型コラーゲン(Type IV collagen)は非線維性であり、基底膜の骨格をなす網目状構造の形成に関与している。他のコラーゲンと同様に、α鎖と呼ばれるポリペプチド鎖が3本集まり、3重らせん構造を形成している。IV型コラーゲンには6種類のα鎖が存在し、各アイソフォームはその組み合わせに応じて[α1(IV)]2α2(IV)のように表記される。脳実質基底膜 (parenchymal basement membrane)には、[α1(IV)]2α2(IV)と[α5(IV)]2α6(IV) の2種類が共発現しているが、血管内皮基底膜 (endothelial basement membrane)では[α1(IV)]2α2(IV)のみが発現する[8]。脈絡叢の基底膜では、毛細血管基底膜には[α1(IV)]2α2(IV)が、脈絡叢上皮基底膜にはα3(IV)α4(IV)α5(IV)で構成されたIV型コラーゲンが存在している[8]。フラクトンにはIV型コラーゲンが含まれているが、各α鎖の分布などは明らかになっていない[9]

ラミニン

 ラミニン(laminin)は、α、β、γの3つの鎖からなる十字架構造をした糖タンパク質である[10]。α鎖が5種類、β鎖が3種類、γ鎖が3種類存在し、それらの組み合わせによって、例えばα1、β1、γ1ならばラミニン-111、α5、β2、γ1ならばラミニン-521のように命名されている。現在までに19種類の組み合わせが報告されている。α、β、γの鎖のなかで、α鎖が細胞の接着に関わる主要な鎖としてラミニンの機能に大きく関わっている。血管内皮基底膜には、ラミニン-411と-511が存在している。また、脳実質基底膜 (parenchymal basement membrane)には、ラミニン-111とラミニン-211が共発現する。血管が脳実質内に侵入し、2つの基底膜が融合した部分では、ラミニン-211、-411、-511が共発現する[5]。脈絡叢上皮基底膜にはラミニン-511が存在している。一方、脈絡叢の毛細血管基底膜はラミニン-411である[7]。血管内皮基底膜を除く各基底膜では、同時にβ2およびγ3鎖の発現も見られることから、ラミニン-421/-423/-521/-523が同時に含まれることが予想される[7] 。フラクトンには、β1とγ1鎖が存在しているが、これらと会合するα鎖は明らかになっていない[9]

ニドゲン

 ニドゲン(nidogen)はエンタクチン(entactin)とも呼ばれ、2種類のアイソフォーム(nidogen-1 and -2)が知られている。どちらもラミニンγ1鎖に結合し、ラミニンをIV型コラーゲンに結びつけることで基底膜の形成と維持に関与している[11]。どちらも中枢神経組織内におけるほとんどの基底膜に共発現している[7] [11] [12]。フラクトンには、ニドゲン-1は存在しているが、ニドゲン-2については明らかになっていない[9]

ヘパラン硫酸プロテオグリカン

 基底膜に含まれるヘパラン硫酸プロテオグリカン(heparan sulfate proteoglycan)としてパールカン(perlecan)とアグリン(agrin)がある。血管内皮基底膜では、パールカンが、軟膜基底膜および脳実質基底膜では、アグリンがそれぞれ主要なヘパラン硫酸プロテオグリカンとして存在する。脳実質内に侵入した血管基底膜のうち、脳実質基底膜と融合した部分では、パールカンとアグリンの両方が存在している[5]。脈絡叢では、ともに脈絡叢上皮と毛細血管の基底膜で発現している[7] [13]。フラクトンには、パールカンは存在しているが、アグリンについては明らかになっていない[9]

中枢神経系における基底膜の機能と疾患

 IV型コラーゲンは、基底膜の安定化に重要な働きをしている[14]。実際、IV型コラーゲンα1鎖の変異により血管基底膜が障害され、これにより脳内出血(brain hemorrhage)や孔脳症(porencephaly)が引き起こされることがヒトおよびマウスで明らかになっている[15] [16]。また、脈絡叢上皮基底膜に発現するIV型コラーゲンアイソフォームα3(IV)α4(IV)α5(IV)は、腎糸球体血液—尿関門を構成)、肺胞血液—空気関門を構成)の基底膜でも特徴的に発現しており[17] [18]、このアイソフォームの機能と脈絡叢の血液—脳脊髄液関門の関連が示唆される。

 ラミニンγ1鎖のニドゲン結合部位を欠失させたマウスでは、軟膜基底膜および軟膜に連続した血管周囲の基底膜が障害され、脳皮質の形成に異常が起きる[12]。軟膜基底膜におけるラミニンα1鎖の欠損は、小脳の形成に影響し、行動障害を引き起こす[19]。ニドゲン-1を欠失させたマウスでは海馬の機能が障害される[20]

 中枢神経実質には、血液中からの免疫細胞の侵入が制限されている。しかし、脳脊髄炎ではこれらの機能が破綻し、リンパ球の侵入が見られるようになる。血管内皮基底膜にはラミニンα4鎖とα5鎖が含まれ、リンパ球の侵入はラミニンα5鎖を欠く領域で起こることが報告されている[1]。これを裏付けるように、ラミニンα4鎖欠失マウスでは、ラミニンα5鎖が補償的に発現上昇するため、炎症に際してのリンパ球の侵入が見られなくなる[1]

中枢神経の再生研究と基底膜

 基底膜は組織に高度に組み込まれた構造であるため生化学的な調製が難しく、その研究はなかなか進展しなかった。70年代後半になり、マウス肉腫 (Engelbreth-Holm-Swarm sarcoma) が種々の基底膜成分を含むゲル(マトリゲルmatrigel) を産生することがわかり、これによって個々の分子について研究が進展した[21]。また、マトリゲルやそれから精製されたラミニン111をもちいることにより初代培養を含む様々の神経系細胞のin vitro研究が格段に進んだ。近年、ヒト ES 細胞をマトリゲル上で培養し、ROCK 阻害剤 Y-27632 で処理することにより、中枢神経系細胞であるドーパミン作動性ニューロンへ高い効率で誘導することが可能であることが示されている[22]

関連項目

参考文献

  1. 1.0 1.1 1.2 Chuan Wu, Fredrik Ivars, Per Anderson, Rupert Hallmann, Dietmar Vestweber, Per Nilsson, Horst Robenek, Karl Tryggvason, Jian Song, Eva Korpos, Karin Loser, Stefan Beissert, Elisabeth Georges-Labouesse, Lydia M Sorokin

    Endothelial basement membrane laminin alpha5 selectively inhibits T lymphocyte extravasation into the brain.
    Nat. Med.: 2009, 15(5);519-27 [PubMed:19396173] [WorldCat.org] [DOI]

  2. 2.0 2.1 R Timpl

    Structure and biological activity of basement membrane proteins.
    Eur. J. Biochem.: 1989, 180(3);487-502 [PubMed:2653817] [WorldCat.org]

  3. Holly Colognato, Jason Galvin, Zhen Wang, Jenne Relucio, Tom Nguyen, David Harrison, Peter D Yurchenco, Charles Ffrench-Constant

    Identification of dystroglycan as a second laminin receptor in oligodendrocytes, with a role in myelination.
    Development: 2007, 134(9);1723-36 [PubMed:17395644] [WorldCat.org] [DOI]

  4. M Martins-Green, C A Erickson

    Basal lamina is not a barrier to neural crest cell emigration: documentation by TEM and by immunofluorescent and immunogold labelling.
    Development: 1987, 101(3);517-33 [PubMed:3332260] [WorldCat.org]

  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 Britta Engelhardt, Lydia Sorokin

    The blood-brain and the blood-cerebrospinal fluid barriers: function and dysfunction.
    Semin Immunopathol: 2009, 31(4);497-511 [PubMed:19779720] [WorldCat.org] [DOI]

  6. Frederic Mercier, John T Kitasako, Glenn I Hatton

    Anatomy of the brain neurogenic zones revisited: fractones and the fibroblast/macrophage network.
    J. Comp. Neurol.: 2002, 451(2);170-88 [PubMed:12209835] [WorldCat.org] [DOI]

  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 Ri-ichiroh Manabe, Ko Tsutsui, Tomiko Yamada, Mina Kimura, Itsuko Nakano, Chisei Shimono, Noriko Sanzen, Yutaka Furutani, Tomohiko Fukuda, Yasuko Oguri, Keiko Shimamoto, Daiji Kiyozumi, Yuya Sato, Yoshikazu Sado, Haruki Senoo, Shohei Yamashina, Shiro Fukuda, Jun Kawai, Nobuo Sugiura, Koji Kimata, Yoshihide Hayashizaki, Kiyotoshi Sekiguchi

    Transcriptome-based systematic identification of extracellular matrix proteins.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.: 2008, 105(35);12849-54 [PubMed:18757743] [WorldCat.org] [DOI]

  8. 8.0 8.1 Norio Urabe, Ichiro Naito, Kenji Saito, Tomoko Yonezawa, Yoshikazu Sado, Hidekatsu Yoshioka, Shozo Kusachi, Takao Tsuji, Aiji Ohtsuka, Takehito Taguchi, Takuro Murakami, Yoshifumi Ninomiya

    Basement membrane type IV collagen molecules in the choroid plexus, pia mater and capillaries in the mouse brain.
    Arch. Histol. Cytol.: 2002, 65(2);133-43 [PubMed:12164337] [WorldCat.org]

  9. 9.0 9.1 9.2 9.3 Aurelien Kerever, Jason Schnack, Dirk Vellinga, Naoki Ichikawa, Chris Moon, Eri Arikawa-Hirasawa, Jimmy T Efird, Frederic Mercier

    Novel extracellular matrix structures in the neural stem cell niche capture the neurogenic factor fibroblast growth factor 2 from the extracellular milieu.
    Stem Cells: 2007, 25(9);2146-57 [PubMed:17569787] [WorldCat.org] [DOI]

  10. Madeleine Durbeej

    Laminins.
    Cell Tissue Res.: 2010, 339(1);259-68 [PubMed:19693542] [WorldCat.org] [DOI]

  11. 11.0 11.1 Matthew S P Ho, Kerstin Böse, Sharada Mokkapati, Roswitha Nischt, Neil Smyth

    Nidogens-Extracellular matrix linker molecules.
    Microsc. Res. Tech.: 2008, 71(5);387-95 [PubMed:18219668] [WorldCat.org] [DOI]

  12. 12.0 12.1 Willi Halfter, Sucai Dong, Yi-Ping Yip, Michael Willem, Ulrike Mayer

    A critical function of the pial basement membrane in cortical histogenesis.
    J. Neurosci.: 2002, 22(14);6029-40 [PubMed:12122064] [WorldCat.org] [DOI]

  13. M Handler, P D Yurchenco, R V Iozzo

    Developmental expression of perlecan during murine embryogenesis.
    Dev. Dyn.: 1997, 210(2);130-45 [PubMed:9337134] [WorldCat.org] [DOI]

  14. Ernst Pöschl, Ursula Schlötzer-Schrehardt, Bent Brachvogel, Kenji Saito, Yoshifumi Ninomiya, Ulrike Mayer

    Collagen IV is essential for basement membrane stability but dispensable for initiation of its assembly during early development.
    Development: 2004, 131(7);1619-28 [PubMed:14998921] [WorldCat.org] [DOI]

  15. Douglas B Gould, F Campbell Phalan, Guido J Breedveld, Saskia E van Mil, Richard S Smith, John C Schimenti, Umberto Aguglia, Marjo S van der Knaap, Peter Heutink, Simon W M John

    Mutations in Col4a1 cause perinatal cerebral hemorrhage and porencephaly.
    Science: 2005, 308(5725);1167-71 [PubMed:15905400] [WorldCat.org] [DOI]

  16. Katayoun Vahedi, Nathalie Kubis, Monique Boukobza, Minh Arnoult, Pascale Massin, Elisabeth Tournier-Lasserve, Marie-Germaine Bousser

    COL4A1 mutation in a patient with sporadic, recurrent intracerebral hemorrhage.
    Stroke: 2007, 38(5);1461-4 [PubMed:17379824] [WorldCat.org] [DOI]

  17. Y Ninomiya, M Kagawa, K Iyama, I Naito, Y Kishiro, J M Seyer, M Sugimoto, T Oohashi, Y Sado

    Differential expression of two basement membrane collagen genes, COL4A6 and COL4A5, demonstrated by immunofluorescence staining using peptide-specific monoclonal antibodies.
    J. Cell Biol.: 1995, 130(5);1219-29 [PubMed:7657706] [WorldCat.org]

  18. K Y Nakano, K I Iyama, T Mori, M Yoshioka, T Hiraoka, Y Sado, Y Ninomiya

    Loss of alveolar basement membrane type IV collagen alpha3, alpha4, and alpha5 chains in bronchioloalveolar carcinoma of the lung.
    J. Pathol.: 2001, 194(4);420-7 [PubMed:11523049] [WorldCat.org]

  19. Naoki Ichikawa-Tomikawa, Junko Ogawa, Vanessa Douet, Zhuo Xu, Yuji Kamikubo, Takashi Sakurai, Shinichi Kohsaka, Hideki Chiba, Nobutaka Hattori, Yoshihiko Yamada, Eri Arikawa-Hirasawa

    Laminin α1 is essential for mouse cerebellar development.
    Matrix Biol.: 2012, 31(1);17-28 [PubMed:21983115] [WorldCat.org] [DOI]

  20. Anju Vasudevan, Matthew S P Ho, Marco Weiergräber, Roswitha Nischt, Toni Schneider, Ailing Lie, Neil Smyth, Rüdiger Köhling

    Basement membrane protein nidogen-1 shapes hippocampal synaptic plasticity and excitability.
    Hippocampus: 2010, 20(5);608-20 [PubMed:19530222] [WorldCat.org] [DOI]

  21. Hynda K Kleinman, George R Martin

    Matrigel: basement membrane matrix with biological activity.
    Semin. Cancer Biol.: 2005, 15(5);378-86 [PubMed:15975825] [WorldCat.org] [DOI]

  22. Kiichi Watanabe, Morio Ueno, Daisuke Kamiya, Ayaka Nishiyama, Michiru Matsumura, Takafumi Wataya, Jun B Takahashi, Satomi Nishikawa, Shin-ichi Nishikawa, Keiko Muguruma, Yoshiki Sasai

    A ROCK inhibitor permits survival of dissociated human embryonic stem cells.
    Nat. Biotechnol.: 2007, 25(6);681-6 [PubMed:17529971] [WorldCat.org] [DOI]