DISC1

提供: 脳科学辞典
これは、このページの承認済み版です。最新版ではありません。 最新版を閲覧
移動先: 案内検索

久保 健一郎
慶應義塾大学 医学部
神谷 篤
ジョンズ・ホプキンス大学
DOI:10.14931/bsd.4825 原稿受付日:2014年3月25日 原稿完成日:2014年4月3日
担当編集委員:加藤 忠史(独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター)

英語名:DISC1

同義語:Disrupted in schizophrenia 1

 DISC1遺伝子は、染色体1番と11番の間での転座を有する、スコットランドの精神疾患多発家系から見いだされた。この転座によって染色体1番上で2つの遺伝子が破壊されると考えられ、そのうちの1つがDISC1である。DISC1からは複数のアイソフォームが翻訳されるが、主なアイソフォームとしては854アミノ酸からなるタンパク質が翻訳される。DISC1に結合する分子(DISC1 Interactome)として、微小管結合分子やシナプスにおけるシグナル伝達分子など、数多くの分子(GSK3βNDEL1PCM1BBSGirdin/KIAA1212PDE4KAL7TNIKなど)が報告されている。DISC1は神経系において様々な機能を持つと考えられているが、その代表的な機能として、大脳新皮質海馬の神経発達や、シナプスの制御が想定されている。

Disrupted in schizophrenia 1
Identifiers
Symbols DISC1; C1orf136; SCZD9
External IDs OMIM605210 MGI2447658 HomoloGene10257 GeneCards: DISC1 Gene
RNA expression pattern
PBB GE DISC1 206090 s at tn.png
PBB GE DISC1 207759 s at tn.png
More reference expression data
Orthologs
Species Human Mouse
Entrez 27185 244667
Ensembl ENSG00000162946 ENSMUSG00000043051
UniProt Q9NRI5 Q811T9
RefSeq (mRNA) NM_001012957 NM_170596
RefSeq (protein) NP_001012975 NP_777278
Location (UCSC) Chr 1:
231.76 – 232.18 Mb
Chr 8:
125.05 – 125.26 Mb
PubMed search [1] [2]

DISC1とは

 DISC1遺伝子は、染色体1番と11番の間で均衡型常染色体転座(1;11)(q42.1;q14.3)を遺伝的に有する、スコットランドの精神疾患が集積する家系から見いだされた[1][2]。この家系の転座をもつ保因者29名のうち、21名に精神疾患の診断がなされ、そのうち、統合失調症が7名、双極性障害が1名、大うつ病が10名であった[3](表1)。それに対し、この家系の転座を持たない38名については、5名に精神疾患の診断がなされ、そのうちわけは、1名がアルコール依存、1名は青年期の行為−情緒障害、3名が小うつ病と、精神疾患としては比較的軽度の診断であった[3]。この家系での転座によって、染色体1番上の遺伝子が2つ破壊されると考えられ、その破壊される遺伝子はDISC1DISC2と名付けられた[2]。このうち、DISC1は、主なアイソフォームとして854アミノ酸からなるタンパク質をコードする。一方、DISC2DISC1とは逆方向のノンコーディングRNAをコードする。

 なお、この転座は、特定の精神疾患への罹患に直接結びつくのではなく、この転座によって、精神疾患罹患のリスクを高めるエンドフェノタイプが生じると考えられる。実際、この転座を持つ保因者では、同じ家系内の非保因者よりも事象関連電位P300の振幅が有意に低下するとの報告もある[3]

表1.DISC1発見の契機となった家系での均衡型常染色体転座と診断名[3]
均衡型常染色体転座(1:11)(q42.1;q14.3)を有するスコットランドの家系のうち、
面接によって転座の保因状況と精神的な表現形が診断されたメンバー
[67名]
非保因者
(家系内の、転座を有さないメンバー)
[38名]
転座保因者
(家系内の、転座を有するメンバー)
[29名]
Disc1-1.jpg Disc1-2.jpg
青年期の行為-情緒障害(1例)
小うつ病(3例)
アルコール依存(1例)
統合失調症(7例)
双極性障害(1例)
反復性大うつ病(10例)
青年期の行為-情緒障害(2例)
小うつ病(1例)

構造

 DISC1からは、複数のアイソフォームが翻訳され、ヒトの脳では、多種類の異なったスプライスバリアントが発現する[4]。そのうち主なアイソフォームとしては、13個のエクソンから、854アミノ酸からなるタンパク質が翻訳される。この全長のDISC1タンパク質は100 kDa前後の分子量を持ち、N末領域とC末領域に大きく分けられる[2][5]。N末領域は、1〜350番目のアミノ酸残基からなり、他の分子との相同性が低い。C末領域は、350〜854番目のアミノ酸残基からなり、複数のαへリックス構造やコイルドーコイル構造(coiled-coil)を持つ。

 DISC1発見の契機となった、スコットランドの家系での染色体転座では、DISC1の597番目と598番目のアミノ酸の間で切断が起きる。この結果、C末を欠いた597番目のアミノ酸までのDISC1タンパク質が発現してドミナントネガティブ(dominant negative)体として働く可能性[6]や、C末を欠いたDISC1タンパク質は分解されて結果としてハプロ不全(Haploinsufficiency)となる可能性が考えられている[7]。最近、1番染色体と11番染色体の融合タンパク質DISC1 Fusion Partner 1 (DISC1FP1)/DISC1-Boymaw fusion proteinが生成される可能性も指摘されている[8][9][10]

 また、DISC1は二量体もしくはそれ以上の多量体(オリゴマー)を形成すると考えられている。その際に、DISC1同士は、403〜504番目のアミノ酸を用いて相互作用する[6]。加えて、C末の640-854番目のアミノ酸もオリゴマー形成に関与しているとされる[11]

 マウスDISC1相同遺伝子(ortholog)としてクローニングされたDisc1は851アミノ酸をコードし、ヒトのDISC1と60%程度の相同性を持つ[12][13]C57BL/6のマウス系統とは異なり、129のマウス系統ではエクソン5に25塩基の欠損があることが知られる[14][15]。他の系統のマウスにもこの25塩基の欠損を有するものがあるため、注意が必要である[16]。ただし、マウスでも複数のスプライスアイソフォームがあることが知られており、25塩基の欠損を有するマウス系統においてDISC1アイソフォームの多くは発現していると考えられている[17]

DISC1タンパク質に結合する分子

図2.DISC1の構造の模式図と代表的な結合分子

 DISC1は足場タンパク質(scaffold)、もしくは、ハブタンパク質(hub)として機能すると考えられ、多くの結合分子(DISC1 interactome)が知られている[18][19]。これらの結合分子の探索がDISC1の機能の解明に大きな役割を果たしてきた(表2、図2)。

表2.DISC1結合タンパク質
分子名 DISC1上の結合部位
[アミノ酸残基]
参考文献
Nuclear distribution element-like 1 (NDEL1/NUDEL) 802-835 [13][20][21][6][22]
微小管結合タンパク質1A (Microtubule-associated protein 1A; MAP1A) 1-293 [20]
Fasciculation and elongation protein zeta-1 (FEZ) 446-633 [23]
Kendrin/pericentrin-B 446-533 [24]
ホスホジエステラーゼ (phosphodiesterase type 4, PDE4 190-230、611-650など [7][25]
キネシン1重鎖 341-400 [26]
Growth factor receptor bound protein (Grb2) 730-733, 731-734 [27]
Bardet-Biedl syndrome protein (BBS)1、 BBS4BBS8 394-600 [28][29]
Pericentriolar material 1 (PCM1) 1-348, 601-854 [28]
グリコーゲン合成酵素キナーゼ3β (Glycogen synthase kinase 3β, GSK3β) 1-220、356-595 [30]
Girdin/KIAA1212 1-361 [31][32]
Kalirin-7 (KAL7) 350-394 [33]
DIX domain containing 1 (DIXDC1) 592-852 [34]
TRAF2- and NCK- interacting protein kinase (TNIK) 335-347 [35]

発現

組織分布

 DISC1mRNAは成体において、脳に加えて、心臓胎盤膵臓などに発現している[2]。成熟マウスでは、Disc1のmRNAは脳内に広く分布しており、海馬小脳、大脳新皮質、嗅球にも発現が見られる[12]。発生段階のマウスの脳において、DISC1の免疫反応は大脳皮質、嗅球[36]や海馬[37]に認められる。脳のなかで、DISC1は神経細胞のみならず、アストロサイトオリゴデンドロサイトミクログリアといったグリア系の細胞でも発現している[38][39][40]

細胞内局在

 DISC1は、発達段階の神経細胞において、NDEL1/NUDEL、Lissencephaly 1(LIS1)、14-3-3dynactin、kendrinなどと結合/複合体を形成して、中心体centrosomemicrotubule-organizing center(MTOC)としても知られる)や微小管(microtubule)に存在する[20][24][6]。また、キネシン-1Grb2と結合して軸索内を成長円錐(growth cone)に運ばれる[26][27]

 より成熟した神経細胞において、DISC1はPSD-95/カリリン-7と複合体を作り、シナプスに存在している[33]。シナプスではPDE4やTNIKとも結合する[7][35]。DISC1は興奮性のシナプスとともに、抑制性のシナプスにも局在する[41]

 DISC1のN末には核移行シグナル(nuclear localization signal、NLS)モチーフが存在し、少なくともDISC1の一部は内に存在する[42]。DISC1のミトコンドリアへの局在も報告されている[43][44][45]

機能

 DISC1の結合タンパク質や発現・細胞内局在から示されるように、DISC1は神経系において多彩な機能を有していると考えられる。なかでも代表的な機能として、神経発達とシナプスの制御が挙げられる[19][9][46]

 上記の細胞内局在のうち、中心体や微小管、成長円錐への局在は、神経細胞の増殖や移動、樹状突起形成、軸索伸長といった、DISC1の神経発生過程での機能を示唆する。実際に、発達段階でのDISC1の機能阻害により、神経細胞の増殖の低下/早熟な神経への分化[30][29]、大脳新皮質[6][47][48]と海馬[49][50]の神経細胞移動の遅れ、樹状突起形成の障害[51]、軸索伸長の障害[23][13][26][27]が起きることが報告されている。ただし、成体での海馬歯状回における、新生神経細胞については、DISC1の機能阻害により、むしろ神経細胞の過剰な移動が生じる[52][31][32]。この過剰な移動は神経細胞層への組み込み(integration)の阻害を反映する可能性もある[52]

 また、シナプスへの局在やシナプス関連分子との結合から、DISC1はシナプスの維持や制御に関わると考えられている。DISC1の機能阻害により、短期的には樹状突起スパインの数と大きさが増加し、長期的にはスパインが小さくなる[33]。この際、DISC1は、カリリン-7(Rac1GDP/GTP exchange factorGEF)と結合してNMDA型グルタミン酸受容体の活性化によって起きるRac1の活性化を調節してシナプスを制御する。DISC1はTNIKとの結合によってもシナプスの維持に関わると考えられている[35]

DISC1の修飾と機能への影響

 他の分子との結合の調節に、DISC1の翻訳後修飾が関与することがある。例えば、マウスDISC1の710番目のセリン(S710、ヒトDISC1の713番目のセリンに相当)のリン酸化によって、結合分子が変化する[29]。増殖中の神経前駆細胞において、S710がリン酸化されていないときは、DISC1はGSK3βに結合してGSK3βの活性を抑制する。一方、分裂後の神経細胞において、S710がリン酸化されると、DISC1はBBS1に結合して中心体や微小管に分布し、神経細胞移動に関わる。このように、DISC1のリン酸化の制御によって、前駆細胞の分裂から神経細胞移動へ、発生段階のスイッチが行われると考えられる[29]

関連語

参考文献

  1. D St Clair, D Blackwood, W Muir, A Carothers, M Walker, G Spowart, C Gosden, H J Evans

    Association within a family of a balanced autosomal translocation with major mental illness.
    Lancet: 1990, 336(8706);13-6 [PubMed:1973210] [WorldCat.org]

  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 J K Millar, J C Wilson-Annan, S Anderson, S Christie, M S Taylor, C A Semple, R S Devon, D M St Clair, W J Muir, D H Blackwood, D J Porteous

    Disruption of two novel genes by a translocation co-segregating with schizophrenia.
    Hum. Mol. Genet.: 2000, 9(9);1415-23 [PubMed:10814723] [WorldCat.org]

  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 D H Blackwood, A Fordyce, M T Walker, D M St Clair, D J Porteous, W J Muir

    Schizophrenia and affective disorders--cosegregation with a translocation at chromosome 1q42 that directly disrupts brain-expressed genes: clinical and P300 findings in a family.
    Am. J. Hum. Genet.: 2001, 69(2);428-33 [PubMed:11443544] [WorldCat.org]

  4. Kenji Nakata, Barbara K Lipska, Thomas M Hyde, Tianzhang Ye, Erin N Newburn, Yukitaka Morita, Radhakrishna Vakkalanka, Maxim Barenboim, Yoshitatsu Sei, Daniel R Weinberger, Joel E Kleinman

    DISC1 splice variants are upregulated in schizophrenia and associated with risk polymorphisms.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.: 2009, 106(37);15873-8 [PubMed:19805229] [WorldCat.org] [DOI]

  5. Dinesh C Soares, Becky C Carlyle, Nicholas J Bradshaw, David J Porteous

    DISC1: Structure, Function, and Therapeutic Potential for Major Mental Illness.
    ACS Chem Neurosci: 2011, 2(11);609-632 [PubMed:22116789] [WorldCat.org] [DOI]

  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 Atsushi Kamiya, Ken-ichiro Kubo, Toshifumi Tomoda, Manabu Takaki, Richard Youn, Yuji Ozeki, Naoya Sawamura, Una Park, Chikako Kudo, Masako Okawa, Christopher A Ross, Mary E Hatten, Kazunori Nakajima, Akira Sawa

    A schizophrenia-associated mutation of DISC1 perturbs cerebral cortex development.
    Nat. Cell Biol.: 2005, 7(12);1167-78 [PubMed:16299498] [WorldCat.org] [DOI]

  7. 7.0 7.1 7.2
  8. 9.0 9.1
  9. Jennifer E Eykelenboom, Gareth J Briggs, Nicholas J Bradshaw, Dinesh C Soares, Fumiaki Ogawa, Sheila Christie, Elise L V Malavasi, Paraskevi Makedonopoulou, Shaun Mackie, Mary P Malloy, Martin A Wear, Elizabeth A Blackburn, Janice Bramham, Andrew M McIntosh, Douglas H Blackwood, Walter J Muir, David J Porteous, J Kirsty Millar

    A t(1;11) translocation linked to schizophrenia and affective disorders gives rise to aberrant chimeric DISC1 transcripts that encode structurally altered, deleterious mitochondrial proteins.
    Hum. Mol. Genet.: 2012, 21(15);3374-86 [PubMed:22547224] [WorldCat.org] [DOI]

  10. S Rutger Leliveld, Philipp Hendriks, Max Michel, Gustavo Sajnani, Verian Bader, Svenja Trossbach, Ingrid Prikulis, Rudolf Hartmann, Esther Jonas, Dieter Willbold, Jesús R Requena, Carsten Korth

    Oligomer assembly of the C-terminal DISC1 domain (640-854) is controlled by self-association motifs and disease-associated polymorphism S704C.
    Biochemistry: 2009, 48(32);7746-55 [PubMed:19583211] [WorldCat.org] [DOI]

  11. 12.0 12.1 Lei Ma, Yuan Liu, Betty Ky, Paul J Shughrue, Christopher P Austin, Jill A Morris

    Cloning and characterization of Disc1, the mouse ortholog of DISC1 (Disrupted-in-Schizophrenia 1).
    Genomics: 2002, 80(6);662-72 [PubMed:12504857] [WorldCat.org]

  12. 13.0 13.1 13.2 Yuji Ozeki, Toshifumi Tomoda, John Kleiderlein, Atsushi Kamiya, Lyuda Bord, Kumiko Fujii, Masako Okawa, Naoto Yamada, Mary E Hatten, Solomon H Snyder, Christopher A Ross, Akira Sawa

    Disrupted-in-Schizophrenia-1 (DISC-1): mutant truncation prevents binding to NudE-like (NUDEL) and inhibits neurite outgrowth.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.: 2003, 100(1);289-94 [PubMed:12506198] [WorldCat.org] [DOI]

  13. Hiroko Koike, P Alexander Arguello, Mirna Kvajo, Maria Karayiorgou, Joseph A Gogos

    Disc1 is mutated in the 129S6/SvEv strain and modulates working memory in mice.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.: 2006, 103(10);3693-7 [PubMed:16484369] [WorldCat.org] [DOI]

  14. 19.0 19.1
  15. 20.0 20.1 20.2
  16. 23.0 23.1
  17. 24.0 24.1
  18. 26.0 26.1 26.2
  19. 27.0 27.1 27.2
  20. 28.0 28.1
  21. 29.0 29.1 29.2 29.3
  22. 30.0 30.1
  23. 31.0 31.1 Atsushi Enomoto, Naoya Asai, Takashi Namba, Yun Wang, Takuya Kato, Motoki Tanaka, Hitoshi Tatsumi, Shinichiro Taya, Daisuke Tsuboi, Keisuke Kuroda, Naoko Kaneko, Kazunobu Sawamoto, Rieko Miyamoto, Mayumi Jijiwa, Yoshiki Murakumo, Masahiro Sokabe, Tatsunori Seki, Kozo Kaibuchi, Masahide Takahashi

    Roles of disrupted-in-schizophrenia 1-interacting protein girdin in postnatal development of the dentate gyrus.
    Neuron: 2009, 63(6);774-87 [PubMed:19778507] [WorldCat.org] [DOI]

  24. 32.0 32.1 Ju Young Kim, Xin Duan, Cindy Y Liu, Mi-Hyeon Jang, Junjie U Guo, Nattapol Pow-anpongkul, Eunchai Kang, Hongjun Song, Guo-li Ming

    DISC1 regulates new neuron development in the adult brain via modulation of AKT-mTOR signaling through KIAA1212.
    Neuron: 2009, 63(6);761-73 [PubMed:19778506] [WorldCat.org] [DOI]

  25. 33.0 33.1 33.2 Akiko Hayashi-Takagi, Manabu Takaki, Nick Graziane, Saurav Seshadri, Hannah Murdoch, Allan J Dunlop, Yuichi Makino, Anupamaa J Seshadri, Koko Ishizuka, Deepak P Srivastava, Zhong Xie, Jay M Baraban, Miles D Houslay, Toshifumi Tomoda, Nicholas J Brandon, Atsushi Kamiya, Zhen Yan, Peter Penzes, Akira Sawa

    Disrupted-in-Schizophrenia 1 (DISC1) regulates spines of the glutamate synapse via Rac1.
    Nat. Neurosci.: 2010, 13(3);327-32 [PubMed:20139976] [WorldCat.org] [DOI]

  26. Karun K Singh, Xuecai Ge, Yingwei Mao, Laurel Drane, Konstantinos Meletis, Benjamin A Samuels, Li-Huei Tsai

    Dixdc1 is a critical regulator of DISC1 and embryonic cortical development.
    Neuron: 2010, 67(1);33-48 [PubMed:20624590] [WorldCat.org] [DOI]

  27. 35.0 35.1 35.2 Q Wang, E I Charych, V L Pulito, J B Lee, N M Graziane, R A Crozier, R Revilla-Sanchez, M P Kelly, A J Dunlop, H Murdoch, N Taylor, Y Xie, M Pausch, A Hayashi-Takagi, K Ishizuka, S Seshadri, B Bates, K Kariya, A Sawa, R J Weinberg, S J Moss, M D Houslay, Z Yan, N J Brandon

    The psychiatric disease risk factors DISC1 and TNIK interact to regulate synapse composition and function.
    Mol. Psychiatry: 2011, 16(10);1006-23 [PubMed:20838393] [WorldCat.org] [DOI]

  28. N Sawamura, T Ando, Y Maruyama, M Fujimuro, H Mochizuki, K Honjo, M Shimoda, H Toda, T Sawamura-Yamamoto, L A Makuch, A Hayashi, K Ishizuka, N G Cascella, A Kamiya, N Ishida, T Tomoda, T Hai, K Furukubo-Tokunaga, A Sawa

    Nuclear DISC1 regulates CRE-mediated gene transcription and sleep homeostasis in the fruit fly.
    Mol. Psychiatry: 2008, 13(12);1138-48, 1069 [PubMed:18762802] [WorldCat.org] [DOI]

  29. R James, R R Adams, S Christie, S R Buchanan, D J Porteous, J K Millar

    Disrupted in Schizophrenia 1 (DISC1) is a multicompartmentalized protein that predominantly localizes to mitochondria.
    Mol. Cell. Neurosci.: 2004, 26(1);112-22 [PubMed:15121183] [WorldCat.org] [DOI]

  30. N J Brandon, I Schurov, L M Camargo, E J Handford, B Duran-Jimeniz, P Hunt, J K Millar, D J Porteous, M S Shearman, P J Whiting

    Subcellular targeting of DISC1 is dependent on a domain independent from the Nudel binding site.
    Mol. Cell. Neurosci.: 2005, 28(4);613-24 [PubMed:15797709] [WorldCat.org] [DOI]

  31. Young-Un Park, Jaehoon Jeong, Haeryun Lee, Ji Young Mun, Joung-Hun Kim, Jong Seo Lee, Minh Dang Nguyen, Sung Sik Han, Pann-Ghill Suh, Sang Ki Park

    Disrupted-in-schizophrenia 1 (DISC1) plays essential roles in mitochondria in collaboration with Mitofilin.
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.: 2010, 107(41);17785-90 [PubMed:20880836] [WorldCat.org] [DOI]

  32. Soumya Narayan, Kazunori Nakajima, Akira Sawa

    DISC1: a key lead in studying cortical development and associated brain disorders.
    Neuroscientist: 2013, 19(5);451-64 [PubMed:23300216] [WorldCat.org] [DOI]

  33. Ken-Ichiro Kubo, Kenji Tomita, Asuka Uto, Keisuke Kuroda, Saurav Seshadri, Jared Cohen, Kozo Kaibuchi, Atsushi Kamiya, Kazunori Nakajima

    Migration defects by DISC1 knockdown in C57BL/6, 129X1/SvJ, and ICR strains via in utero gene transfer and virus-mediated RNAi.
    Biochem. Biophys. Res. Commun.: 2010, 400(4);631-7 [PubMed:20807500] [WorldCat.org] [DOI]

  34. Karun K Singh, Gianluca De Rienzo, Laurel Drane, Yingwei Mao, Zachary Flood, Jon Madison, Manuel Ferreira, Sarah Bergen, Cillian King, Pamela Sklar, Hazel Sive, Li-Huei Tsai

    Common DISC1 polymorphisms disrupt Wnt/GSK3β signaling and brain development.
    Neuron: 2011, 72(4);545-58 [PubMed:22099458] [WorldCat.org] [DOI]

  35. Kate D Meyer, Jill A Morris

    Disc1 regulates granule cell migration in the developing hippocampus.
    Hum. Mol. Genet.: 2009, 18(17);3286-97 [PubMed:19502360] [WorldCat.org] [DOI]

  36. Kenji Tomita, Ken-ichiro Kubo, Kazuhiro Ishii, Kazunori Nakajima

    Disrupted-in-Schizophrenia-1 (Disc1) is necessary for migration of the pyramidal neurons during mouse hippocampal development.
    Hum. Mol. Genet.: 2011, 20(14);2834-45 [PubMed:21540240] [WorldCat.org] [DOI]

  37. 52.0 52.1